So-net無料ブログ作成
検索選択

沖縄ツーリング帰る日:マタハーリヌチンダラカヌシャマヨ♪ [ツーリング日誌]



響の沖縄ツーリング1日目はココ
響の沖縄ツーリング2日目はココ
響の沖縄ツーリング3日目はココ









響の沖縄ツーリングは終わりましたが

まだ沖縄にいるのでおまけレポでございます。




ツーリング3日目のホテルに帰ってから。



その日は早朝に出発して時間を前倒しにする作戦が

前倒しになりすぎちゃったため

かなり早目にホテルにチェックインしました。



部屋に居てもまだ明るいので

那覇の海岸方面を歩いてプチ観光。


73.JPG



でっかい2体の龍が街の入り口を守るように

立ってらっしゃいます。


72.JPG


これで口から水を出せば

観光地のモニュメントとしては完璧でした。




波の上ビーチの公園を歩いていると

猫がのんびり。


21.JPG


ところ違えど猫の癒しは

一緒だね。



ビーチを横切って

琉球八社のひとつ・・・「波上宮」

75.JPG


狛犬はどうみてもシーサーだね。


74.JPG


ニライカナイの神々を祈る聖地だったことが

この波上宮のはじまりらしい。

(実はここは崖の上)


波上宮.jpg

(借用写真=ケッパリ写真)


街の中だけど

とっても良い場所に建ってるのよ。



散歩のつもりだったけど

ツーリングの後だったので帰りはタクシーを拾ったのは

書かないでおこう。




では沖縄最終日



帰りの飛行機は14:40の便なのでめっちゃ余裕の1日です。



もっと早い便の方が時間を有効にできていいんだけど

チケット代が高かったんだよ(笑)



のんびり起きてホテルの前に待機していた

タクシーで那覇空港へ

1.JPG


でっかいスーツケースだけ搭乗手続きを済ませて

時間があるのでゆいレールに乗って観光するよ。


2.JPG


ワ~ワ~

はじめて乗るよ~~~!


3.JPG


停まる駅えきで沖縄の民謡のチャイムがながれるよ~♪


4-bd9b0-01.jpeg


思った以上に満員になるよ~~(笑)



で、終点の首里駅まで来ちゃいました。

5.JPG



駅からバスに乗ろうと思たけど

出たばかりだったので歩きます。


DSC_1351-01.jpeg


歩道の横に池があって

そこから見えるのが昨日見たばかりの首里城


6-3cd40-01.jpeg


行かないよ。


前を通るだけね。




今日は昨日行かなかった首里城からちょっと行った先にある

首里金城町の石畳に来てみました。

7.JPG

真珠道(マダマミチ)といって歴史のある道なんだよ。



ここは石畳みの少し手前にある島添坂(シマシービラ)と言う坂で

琉球石灰岩の壁がかっこいいとです。



へぇ~と感心しながら

壁を触りながら下ってると・・・



えっ!?



8.JPG


え~、街中も危ないの?


大丈夫って油断が危ないんだね?



「了解しましたっ!」



壁からめっちゃ離れて歩きます。




一度車の通りを渡った先から

本当の石畳の道が始まりました。

9-e87f2-01.jpeg



坂の町ですが

坂の街の住んでるので

親近感たっぷりな風景でございます。


10-deb17-01.jpeg


石畳の道から少し入ると

大きなアカギ(赤木)もありました。


11.JPG


案内板が出てたのでもっと巨木を

想像してたよ。




戻って再び石畳



13-e99dd-01.jpeg


特に観光地化されてるわけじゃなし

脇には普通に生活している民家があるのが良いです。




そこの住民さんに挨拶・・・


12-c8c48-01.jpeg


「こんにちは」

・・・



無視されました。

「ハイサイ」って言わないと通じないのか?




まったく観光地化されていませんが

石畳の中腹に一軒だけお店がありました。

14-3708e-01.jpeg

ストレートなお店の名前です。



さらに下ると普通の道路に出ておしまい。


どうしよう?



ずっと下りだったので戻るときついよね?



けっきょく大人が持つ金の力で

首里駅まで戻りました。

(タクシーを拾ったって事ね)


15.JPG


石垣島から出稼ぎで来てるというタクシーのおじさんと

島の話題で盛り上がってると首里駅に到着。



またゆいレールで那覇空港まで戻って

お土産などの買い物をしましょう。


16.JPG


買い物が終わるともうお昼も過ぎたので

タコライスをいただきま~す。


17.JPG


これでたいだい沖縄らしいものを一通り

食べたかな?



食後はまだ時間があったので

金運カラーのカードのサービスを使ってラウンジでのんびり。

18.JPG


フカフカのソファーだし静かだし快適です。



フリードリンクを飲みながらフライト時間まで過ごして

さようならぁ~~~!


19-b9b37-01.jpeg


またくるよ~~~。



行きと同じく1時間半で見慣れた上空です。


20.JPG


また上着のいる地に無事に帰ってまいりました。



はじめての沖縄本土をツーリングでぐるっとまわって来ましたが

このプランだと九州からじゃなくても

同様のツーリングが他の地域からでも出来るのではないと言う

提案ができたんじゃないかな?


もっと関空や羽田からだと便数も多いしさらにお得なチケットなどで

行けちゃうかもしれないのでチャレンジしてみてください。



次回は可愛いお店やちゅら海水族館など

家族サービスで巡ってリア充の仲間に入ろうと思います。




では長らくのご乗車ありがとうございました。

またのツーリングでお会いしましょう。




nice!(76)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

沖縄ツーリング3日目:やんばるの森へちゃ~びらさい [ツーリング日誌]



沖縄ツーリング1日目:めんそ~れ]はココから

沖縄ツーリング2日目:ちゅら海ゆいゆい♪]はココから





<・m= ・・・ ・・・


皆様、うきみそーち(おはようございます)



な~んの小鳥の囀りも無い

朝でございます。



だって小鳥も起きて無い時間なんだもん。

1.JPG


響の遠征ツーリングの朝が早いのは何時もの事だけど

今日は3日間の中で一番距離を走るので

時間に余裕を取るため早朝に出発するよ~。



それに明るい時間にバイクを返すと言う

最大のミッションがあるし知らない道の所要時間が

判らないので保険の意味で出発を早くしてみました。




ホテルを出てすぐの所にあったコンビニで朝食を食べてると

毎朝このコンビニに来て人と話すのが日課だと言う

地元のおじさんと話しながら過ごします。

(やっぱり沖縄の人って早起きなんだね)



「あなた内地の人ね?」「話し方の語尾ですぐわかるよ」


「はい、福岡から来ました」(ひ)


今から北の先っちょまで行くと言うと

「ハブには気をつけなさいよ」

「今は大丈夫だけど昔はたくさん死んでたよ」

だって(汗)



後はアメリカから返還された時の話など

楽しいご当地ならではお話しを聞いてると

空もしらんで来たのでそろそろ出ましょう。



おじさんも帰るらしいのでここで別れて

沖縄本島の最北端を目指すよ~~!


1.JPG

ドルルルーーン



今日の予報は曇りですが

もうトロピカルな海はいっぱいいっぱい

見てきたので今日は淡々と距離を走っちゃう予定です。


2.JPG



R58をひたすら北に向かって走る。



早朝出発だったので

インナーと合羽の上着を着て走っていましたが

謝敷の集落で休憩ついでに身軽になります。


2.JPG



名護より北になってやっと「田舎」って感じになるけど

家も昔ながらの沖縄らしい建物を多く見かけるようになります。



昨日観光客でいっぱいだった

フクギ並木がここにもちゃんとありました。


3-619f9.JPG



あ~、なんか癒されるよね~。


民家の畑にはパパイヤも植えられています。


4.JPG


いつが食べごろなのかよくわかんないケロ。



海の方は北に行くにしたがって曇ってるだけじゃなく

かなり本土の海に近い雰囲気で

昨日までのマリンブルーの海と別物だよ。


3.JPG



しばらく海沿いを走って変わらない景色にすこし

飽きたころ「茅打ちバンタ」の案内が出たので

そちらへ・・・




茅打ちバンタの駐車場

6.JPG


誰もいね~よ。



もうツツジが咲いてるんだね。

(まだ桜の開花宣言が出てない時だったので

桜を期待してたけど葉桜を通り越して新緑になってました)




駐車場から100mほど歩くと茅打ちバンタの展望所なんだけど

ただ高い崖の上にいるらしいって事しかわかんない。


7.JPG


柵の周りに樹が生えて真下がよく

見えないんだよ。



下の道から見ると

どうもこの崖の先っちょにいたらしい ↓

8.JPG


よく見えなくてよかったかもしんない。


9.JPG


あまり怖い思いをしないまま

そろそろ北の先端へ向かいます。


10-e8ac0-01.jpeg



森を抜けて

視界が開けると横には大きな石灰岩の屏風の山が。

11.JPG


後でこの山に登るのだけど

まだ開園前だったので先に辺戸岬へ行くよ。




沖縄本島最北端の地

「辺戸岬」

12.JPG



フッ!

俺様のためにこんな広い駐車場を用意してくれて

ありがとうな。




・・・




寂しいじゃね~かっ!




最果てに一人っきりって

旅人の醍醐味だけどちょっと物悲しい。

13.JPG


しかしバイク乗りたるもの

先っちょを制してテンションが上がらないわけが無い。


14.JPG


貸切りの岬を観光しちゃいます。


15.JPG



しかしここも凄い崖ばかりだと思ってたんだけど

これって? ↓


17.JPG



あ~、なるほど

そう言う場所なのかな?



〇〇の名所的な?





確かにちょっと異空間な感じがしないでもないよ。


18.JPG


ギザギザの石灰岩が

あっちの世界みたいだもん。



え~っと、これはチョコボなのかな?

20.JPG


ヤンバルクイナの地ですが

ヤンバルさんじゃないよね?


21-03ba8-01.jpeg



とりあえず飛びながら

岬の道を散策


22.JPG


もう一つの先っちょに返還記念の塔がありますが

そこで犬の散歩をしてるおじさんを発見。



もう寂しくなくなりました。



23-6a89c-02.jpeg


初めて見る辺戸岬の風景に感動しつつ

岬周辺の道も散策。


24.JPG



もちろんヤンバルクイナを轢かないように

注意しながらね。



4.JPG


見れたらいいなぁ~。



岬を出た後は

犬の散歩をしてたおじさんに聞いた道へ


5.JPG


一度漁港に下りて高台に上がると

いましたよ。


25.JPG


巨大ヤンバルクイナがいる展望台。


ヤンバルさんはメンテ中ですケロ。

26.JPG



なんだかこ~んなに巨大でも

可愛いよね。



27.JPG


会いたいな~

みたいな~。



飼育してる奴じゃなくて野性を見たいな~。

(そう思って走ってるとカラスも鳩もみんなヤンバルクイナに見えちゃうあるある)




で、そろそろさっきみた石灰岩の山へ入れる時間になったので移動。



やってきたのは「大石林山



ちょうど9時の開園直後で

駐車場にある受付で820円の入山チケットを購入すると

待つことなく送迎バスが山まで送ってくれます。

28.JPG

乗客はわたしだけ(笑)


トレッキングが楽しめるコースもありますが

かなりの距離があるので素直に行きも帰りもバスを利用しちゃう。



はい、ここからが大自然のパワー漲る

大石林山の奇岩と亜熱帯の森でございます。

29.JPG



隆起した巨大な石灰岩が雨に削られて

ギザギザに尖がってる不思議な山だよ。


30.JPG


原生林の中に遊歩道が整備されているので

普通の恰好で来ても大丈夫。

(コースによります)

31.JPG


山を周遊できる半分のコースは

こんな感じでバリヤフリーになっていて

気軽に亜熱帯の雰囲気を楽しめるよ。


32.JPG


遊歩道からは

カルスト台地で見るような窪みもちゃんと見えます。


33.JPG


地下に鍾乳洞とかあるんだろうね。



バリヤフリーのコースからはずれると

ちょっとした登山道っぽくなります。

34.JPG


すっごいギザギザだ。



こうした石灰岩が露出している場所を

ピクナルと言って雨水で侵食されてこんな

ギザギザになったらしい。


それにここは亜熱帯唯一のカルスト地形なんだって。




さらに進むと石灰岩の山が目の前にドーン!

35.JPG

[悟空岩]


凄いね。



山に自生してる蘇鉄は

戦後の食糧難の時代に植えられたりしたものらしいけど

それにしても凄い眺めだ。


36.JPG


計算されて造られた

テーマパークの山みたい。


37.JPG



お気軽コースから外れるけど

ちょっとだけ登って見ましょう。



するとこんなパワーをもらえそうな石が。

38.JPG


開運をもたらすパワーストーンらしいです。


よく見ると向かいの岩肌が

おなじ地質なのでそこから出て来たのかな?



とうぜん開運と聞けば触りまくりますケロ。

39.JPG


めっちゃいっぱい触って山をもうちょっとだけ登ると

パッと視界が開けました。



あれ?

ここから見える景色って・・・

40.JPG


そう、辺戸岬に行く前に

X号を停めて眺めていた場所が下に見えるよ。



表と裏で全然違う風景の山だったんだね。



これ以上先は山を周るハードコースになるので

引き返してると

いろんな形に見える岩に名前が付いています。


ま、どれも微妙な形のネーミングだったので

写真を撮らなかったけどこれは宇宙人の頭が挟まってるって

書いてる通りに見えます。

41.JPG


大きさもちょうど頭蓋骨くらいなので

ギョとしちゃいます。



帰りも次のお客を乗せて来たバスに乗って戻って

岬を折り返します。


6.JPG


南から北まで続くR58は北端から少し回り込んだところで終点(起点)と

なりここから太平洋側はしばらくk70になります。



ま、県道になってもずっとセンターラインがあるし

交通量も皆無に近いので

めっちゃバイクで走ってると気持ちいいのよ。



こうして快適なツーリングをしつつ

カラスをヤンバルクイナと勘違いしながら

折り返してるとわたしが本日一番楽しみにしていた

スポットに到着だよ。



安波の集落の奥にあるって程度しか

脳内GPSにインプットしてなかったので

見つかるか不安だったけど

野性の勘で一発で発見。

43.JPG


たぶんX号の奥に見える木がそうだと思います。





オォーーー!

これだ。


これが初めて見る「サキシマスオウノキ」だ。

44.JPG


凄い!


なんでこんな板根になるんだろうね?



安波のサキシマスオウノキとして

地図にも載っていますがかなりマイナーな場所にあります。



ここは自生する場所としては北限に近いらしく

もっと南の八重山諸島にはさらに大きなサキシマスオウノキがあるけど

ツーリング中にバイクで横まで行けるのはここだけかもしれないよ。


45.JPG


安波川の河口の湿地帯の中にあるので

たまたま道が横を通って無かったら

ハブがきょわくて見れなかったかも。



板根の周りを見てみると

カニの穴が無数に空いてる中に種がいっぱい落ちています。

47.JPG


たぶんこれがサキシマスオウノキの種だよ。



いや~、珍し物が見れて楽しいわぁ。


48-88cbf-01.jpeg


この樹が建つ奥に入って行ける道があったので

何があるのかすこし進んでみるとお墓でした。


49.JPG


沖縄のお墓って立派な屋根付きのお墓ばかりだけど

これはかなり古そうな亀甲墓と言う形のお墓で

子宮の形を模してるんだって。



お墓なので怖いとかじゃくて

ハブがいそうでこれ以上近づけません(笑)



50.JPG


山側はヘゴが自生するジャングルになっていて

その自然豊かな森の中を走る県道。


7.JPG


見晴の良いところで山を見てみても

本土じゃみない山の表面です。


51.JPG


ほとんどがイタジイって樹らしい。




さらに南下してると

東村ふれあいヒルギ公園っていうところがあります。



52-5733b-01.jpeg


マングローブのまん前にX号を停めれるよ。



河口にポツポツ生えてるヒルギは道すがらに見て来たけど

ここの密集は凄いね。

53.JPG


公園ですが

慶佐次湾のマングローブと言って

大きなヒルギ林の自生地として有名なところです。


54.JPG


根っこがワシャワシャと広がってるのは

オヒルギかな?




このマングローブの中を観察できるように

遊歩道が整備されていてちょっと歩いて見ると

遊歩道の中に子供が・・・



55.JPG

な、ナニしてんの?


聞くとススキの葉っぱを干潟に開いてる穴に突っ込んで

シオマネキを捕まえてるんだって。



いいわぁ~、好きやわぁ~

仲間に入りたいわぁ~。



56.JPG


たしかに色んなカニや

トビハゼの仲間がいっぱいいるよ。

(近付くと速攻で隠れちゃって撮れないケロ


57.JPG


自然大好きなのでここは楽しかっぱ。



ずっと先まで遊歩道が続いてるけど

時間がかかりそうだったので前半だけ見ておしまい。



戻りながらヒルギの種 ↓

58.JPG


槍みたいな種になる前なのか

後なのかはわかんない。



とりあえず駐車場に戻ってジドリしましょう。

59.JPG


シオマネキポーズのつもりですが

身体が硬いらしくてうまく表現できません。



ちなみにさっきのシオマネキを捕まえようとしていた

子供たちは私の後ろで間違った階段の遊び方を

楽しまれてらっしゃいます。



可愛いね。




マングローブを出てからは・・・

8.JPG


ダムの放水路がいきなり海な場所をみたり

物産館に寄ったりしながら南下。


60.JPG


あっ、もうお昼に近いので

この「わんさか大浦パーク」でお昼ご飯を食べちゃう。


10.JPG

「肉そば」


アグー豚の分厚い角煮がゴロゴロ入っています。



めっちゃ美味しいけど

さすがにコッテリな脂身は後半重くなるよ。

(大盛りにしてしまった)


食べ終わって食後の珈琲を飲みながら

物産館の中を見てみると

やっぱり売ってる野菜が違う。

11.JPG


オレンジ色に熟れてるパパイヤはそのまま食べるとして

青パパイヤってやっぱり野菜なのね。



ではそろそろ自然いっぱいの道も終わるので

那覇方面を意識して走ります。

(チクショーー! ヤンバルクイナ見れんかっぱよ)


9.JPG


大浦から海岸沿いを走るR329を選んで走るけど

やっぱり景色も普通になって来ます。

(その代わり晴れて来た)


12.JPG


特に面白味も新鮮味も無い道を

しばらく走ると「ネズミ捕り?」と思って

一瞬ドキっとしたぞ。


13.JPG


ここがよく出て来る辺野古の埋め立て予定地で

座り込みの人がいて基地を警備する車両でした。



しかしこの周辺ってずっと米軍の基地ばかりで

もともと自由に入れる場所とか無いんだよね。



そんな中で海が見渡せる場所へ出たかと思うと

こんな演習がみれました。

61.JPG

海兵隊の上陸訓練か?


はじめて見たよ。




これも沖縄らしい風景って事かな?





更に走ってR329の宜野座


14.JPG


ちょっとだけ国道から外れて

パイナップル畑を見ながら走るよ。


15.JPG



この道は長閑だったけど

金武(きん)に入ると再び交通量も増えるので

そろそろこの辺から高速に乗ろうかな?



高速に乗っちゃうと那覇まで一気に走るので

乗る前に金武の街の中を通って見た。


62.JPG


ここだけアメリカか?(笑)


こういう風景も沖縄だね。




んじゃ高速に乗るよ。

16.JPG

このツーリングで初の高速道路でございます。


いつもはETCなので間違えないように

チケットを取るゲートへ


金武ICから沖縄自動車道路に入り

那覇ICまで走るけど北海道の高速でも感じたけど

高速道路を走ってると沖縄感がゼロじゃな。



しかしこの旅の相棒のX号(HONDA 400X)は高速で走る分には

クロスツアラーだけに楽ちんなんだけど100km/hを超えてから

アクセルをポンと戻すとめっちゃバックトルクがかかって

身体が前につんのめってビビリます。


ニーグリップしてなかったら〇玉をタンクで打ったかも。



大型バイクより高回転で走ってるからかな?



そうなるって知っておかないと

はじめてだとビックリするよ。


で、思った以上に高速はスイスイ~と流れてて

予想してたよりかなり早く那覇に着いちまった。



まだバイク屋にX号を戻すのは早いので

行く予定じゃなかったけどインターから近かったって理由で

首里城へ


64.JPG


もうメジャー中のメジャースポットなので

いつか家族サービスの時に来ればいいって思ってた場所ですが

はじめて来たので下見ついでに楽しんじゃおうと思います。


69.JPG


城内には普通にガジュマルがあったり

今まで見たお城と違ってちゃんと門や建物があるよ。


65.JPG


そしてなにより

人がいっぱいだ。



とりあえずこれで3日間のツーリングを通して

「1日いち城」は達成したよ。




さすがにここはタダってわけにはいかず

しっかり入館料を払いますが820円と

ちょっとばかりお高いです。



瑞泉門をくぐり正殿の前の広場へ行きます。


66.JPG


赤い!


しかも奇跡的に今だけ誰もいね~よ。



それと「うなー」と呼ばれる御庭

67.JPG


まさに琉球王国を象徴する場所でございます。



後は人が多くてあまりゆっくりしたい場所じゃなかったので

ササっと展示物を見て城を下ります。

68.JPG


バイクをどこに停めて良いのかわからずに

こっそり大学の駐輪場に停めていたX号に戻って

バイク屋へ。

(もちろんスマホのナビ頼りでな)


18.JPG


ゆいレールの下を通って

R58まで出ると簡単に帰れました。




X号を戻す前にちゃんと満タンにしま~す。



って・・・

そうそう、この400Xなんだけど・・・

17.JPG


このタンクキャップはやめて~!


はじめて給油したとき

「外れるんか~い」と独り言で突っ込んでしまったぞ。



閉め忘れる事はないけど

キャップをどこかに置くって言うのが

ちょっと嫌だ。


これは旧型だけど

今の現行モデルもこのままなのかな?



しかし燃費は35km/Lくらい走ってるので

とっても経済的なバイクでした。



無事に立ちごけすることも

ドロドロにする事もなく返却完了。


70.JPG


けっこうドルルルーって良い音がするなと思ってたら

マフラーがモリワキに交換されてたわ。

(今ごろ気づく?)



走行距離は3日間でジャスト600km。


どうかすると1日で走っちゃう事もある距離だけど

沖縄本土ではいっぱい走った方だと思うよ。



シートバックを外して

ライダーから普通の観光客に「へんし~ん」


71.JPG


バイクショップの送迎車でまた帽子の社長さんのホテルに

送ってもらって響の沖縄ツーリングはほぼ終了。

(家に帰るまでがツーリングなのでまだ終わっては無いのよ)



ホテルでシャワーを浴びてさっぱりした後は

のんびり散歩して最後は肉祭りで3日目はおしまい。

19.jpg


明日は午後の便で帰るので

今日は少し酔っぱらってもいいので

泡盛もしっかり注文して「カリーー!」(乾杯)



こうして響の沖縄ツーリングは終わりましたが

行く先々のお店などでずっと流れていた安里屋ユンタの音色が

寝る時もレポートを書いてる今でも

頭の中でフルリピートで流れています。




では最終日のおまけレポにつづく~~!

サァー♪ ユイユ♪



にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

nice!(150)  コメント(44)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク