So-net無料ブログ作成
検索選択

明延鉱山のインクラインに震えろ [廃墟&近代化遺産]



「時系列無視の廃墟&近代化シリーズ」






ここは兵庫県養父市の山の中


鉱山までの道.JPG


なにも無い山の中の道ですが

しっかり舗装されてる道を進むといきなり現れるのが

「明延鉱山跡」


排水用だとおもう.JPG


凄い量のズリの山ですが

この上にあった工場はもうありません。



痕跡はまだあるみたいですが

登るのキツそうなので下から見るだけね。


入れないけど歩かないで見れる.JPG

しかし見るだけならバイクでこんなに近くまで行けるんだよ。

(青ガッパ号が懐かしいわ)




それよりこのインクラインが残ってる事に

めっちゃ感動する廃墟ハンター響

インクラインのレールに感動.JPG



メンテされていないのでゆがみまくっていますが

レールが残ってるって言う事だけでも凄い。



鉱石の山.JPG


飛鳥時代から銅を産出していた鉱山で

近代化が進んでからは日本一の錫鉱山として

栄えました。


それにしてもめっちゃ急斜面.JPG


ここは鉱石を産出するだけで

鉱石はトロッコで神子畑選鉱場まで運ばれ選鉱された後に

生野で製錬されていたようです。


壊れ方が泣かせる.JPG


そのトロッコの軌道跡


燃料庫的な?.JPG


山ばかりのエリアなので

いきなりトンネルになっています。


明和寮の跡らしい.JPG



閉山は1987年(昭和62)ですが

まだ当時の生活の一部が残っています。



寮の跡(上)や

銭湯跡があります(下)


お風呂.JPG


山をすこし下ると鉱山で栄えた

街並みも見る事ができます。


まだ関連の家が残る.JPG


その街の中で当時の一円列車の写真を発見


当時の1円電車.JPG


これで明延鉱山や神子畑選鉱場などに

通っていたのです。



運賃が1円って言うのが良いよね。



ほかに周辺を散策すると

今は探検坑道として観光用につかっている坑道跡がありました。

申し込まないと入れません.JPG


普段は入れないようになっています。



それから少し街から離れたところに

社宅跡もあります。

社宅です.JPG


屋根の色がめっちゃ目立ちますが

人の気配は無い。




以上!

奈良の大仏の銅から

亜鉛など日本を支えた鉱山の紹介でした。



nice!(80)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

銀ガメ号で初の生月島ツーリング [ツーリング日誌]




毎年訪れることが私のお決まり事になっている

長崎県の西の端っこにある生月島



0.jpg


去年は青ガッパ号から銀ガメ号への買い替えもあって

行けなかったのでツーリングのオンシーズン一発目に

銀ガメ号で初の生月島ツーリングに行ってきま~~す!


1.JPG



今日も週末ですが

他にマイナリストの企画が上がっていなかったし

生月島以外のスポットをなんにも考えてなかったので

ソロでございます。

(最近私が企画を上げないと沈黙しすぎなマイナリストなので誰か頑張って上げてください)



1.JPG


長崎道の金立SAでトイレ休憩して

武雄Jctから西九州自動車道へ


2.JPG



週末なので通勤ラッシュも無く

スイスイ~っと佐世保でございます。


3.JPG


高速の高架から軍港を眺めてると降りるインターを

一個通り過ぎちゃったけど

ナビに寄り道スポットの場所を入れていたので簡単に到着。


2.JPG

「福石観音」



行き先は考えて無かったけど高速を走ってると暇なので

佐世保に寄りたいリストが何か無かったかな~?と

思い出しながら走ってるとここを思い出しました。



参拝者用の駐車場に

防空壕の跡みたいな穴があるのが

軍港である佐世保らしかろ?


4.JPG


正式には

「真言宗智山派、福石観音清水寺、九州西国三十三観音霊場二十七番札所」

と申しますです。


6.JPG



崖にめり込むように建てられた御本堂の周りには

石仏がたくさん。




その境内にはこんなのも ↓


3.JPG

見るとくぐらずにはいられない

運に貪欲な響でございます。



これはかなり大柄な人でも大丈夫そうな

親切設計だね。




しかし私が見たいものはここじゃ無い。



本堂から伸びる階段を登った先にある五百羅漢を

見に行くよ。

7.JPG


ここかな?と

思ったけどまだ階段が続くので先へ行くと

ちゃんと看板がありました。


8.JPG



階段を登りきると視界が開けて

軍港がチラっと見えます。


9.JPG



けっこう街中でしょ?


でもそんな街の中にこんな空間があったのだ。


10.JPG


凄い!



五百羅漢よりも

そのえぐれまくった崖がスゴ過ぎますわ。



12.JPG


五百羅漢様の方は

縁起をかつぐ人から首を持ち去られたらしく

後から新たに顔が乗せられています。

(逆にバチが当たりそうだけどな)



乗せた顔が小さすぎやしないか?って

思ったけど小顔祈願には良いかもしれない。



そしてコレだけたくさんあれば

必ずほっこり系もいらっしゃいます。

13.JPG


笑顔を見てると福を頂けそうだよね。




しかしこの崖・・・


15.JPG


人が掘った見たいに

絶妙なテラスになってます。



説明版によると元からあった洞穴に羅漢を安置させたと

書いてるので自然に出来た物かもしれない。


11.JPG


この佐世保周辺って自然に出来た

岩の橋などが多いので

ここも同じ地質みたいです。



んじゃ防空壕の前に停めた

銀ガメ号に戻ってツーリング再開。


4.JPG


佐世保市街地を抜けて

R204からk11へ


5.JPG


再びR204に戻るけど

かなりショートカットできます。



国道に合流して直ぐに松浦西九州線の潜竜ヶ滝駅の前を

通るのだけど駅名だけじゃなく

本当の滝があるみたいなので寄ってみま~す。

6.JPG


脇道を2kmほど走ると

コンクリート道路になって小さな駐車場で行き止まり。


16.JPG


ここが滝の入口らしい。



26.JPG


「せんりゅうがたき」と読むんだよ。



徒歩で250mって書いてますが

わたしの場数を踏んだ経験から言うと

倍の500mくらいの体力を使う覚悟で行った方がいいかもしんまい。


17.JPG


駐車場から歩き出してスグは

こんな感じのゆるい登りの遊歩道です。




すると小さな滝が・・・


19.JPG


布引滝と不動滝って言う滝で

滝を見ながら涼むための物かわかんないけど

休憩場みたいになっています。



この滝からはずっと階段(ハァハァ)

20.JPG


途中に潜龍山龍王寺の仏像などがありますが

見る余裕も無く登り続けると滝だぁ~~!


21.JPG


「潜竜ヶ滝」


高さ21mで滝壺の深さは6mもあるんだってよ。




よく見ると2本の筋があるけど

男滝と女滝と呼ばれてるらしい。


23.JPG

初めて来たけど

苔の緑も綺麗だし良い雰囲気じゃないですか。



真夏だと人が多いだろうし

それ以外の季節は蛇とか出そうだし

今くらいが一番良いような気がします。



滝の周辺は公園になっていて

誰もいないのでわたしが独り占めしています。

25.JPG


駐車場に戻ると来た時と同じく

誰ひとり来る気配もね~よ。


27.JPG


マイナリストらしくマイナースポットで楽しんだ後は

平戸方面へ向かいます。


7.JPG



潜龍繋がりで

「潜龍酒造」

28.JPG


大きな木樽があるので

醤油工場かと思ってたけど

酒造所だったのね?



引き続きR204を走って

道の駅こん虫の里たびらの巨大カブトムシのオブジェが

無くなってるの見てショックを受けます。

(帰ってググって見たら1月から修繕中らしいです) ホッ!



道の駅はカブトムシが無いのでスルーして

平戸大橋の手前のセルフのスタンドで

ガソリンを入れて平戸大橋を渡りま~す。


8.JPG


怖いよ~~!


景色が無駄に良すぎて怖いよ~~!




脇を見ないように前を行く車の一点だけ見て無事に通過。




そして平戸市街地

11.JPG


ここで去年

的山大島に行ったツーリングの時に食べたお店で

ランチにしたいと思います。


9.JPG

「お食事処 なんばん」



幟にはチャンポンと大きく書いてるけど

注文するのはもちろんレモンステーキ

10.JPG


名物の平戸チャンポンはもちろん美味しいけど

名物だけが美味しいって決まりは無いんだよ。



福岡だって豚骨ラーメンが名物だったけど

うどんも美味しいエリアだったので

それがまた新たな名物になってるし

このステーキも平戸の顔になるか?




食べ終わったらもう目的地に向けて

アクセルを開けるのみ・・・


12.JPG


「海だぁーーーー!」



来るまでにも見てきたけど

ほんとうに見たかった海はコレだぁーーー!

13.JPG



私を「島好き」にしてくれた

水色の橋が迫る。


14.JPG


まだ開通間もない有料だった頃

車で生月島に渡って「これが同じ九州か?」て

初めて島巡りの楽しさを知った島へ今から渡りま~す。



もちろん脇見せず

前のトラックの一点を凝視しながらな。



マイナリストは「なまつきしま」と呼んでいますが

正式には「いきつきしま」と申しますですよ。



なまつき島に渡ればそこからは

バイク乗りので良かったと思う

絶景ロードの始まりでございます。

16.JPG


サンセットウェイに入り

中盤に見えてくる絶壁の絶景ロード。


29.JPG



荒々しい島の地形に沿うように延びる

道を走ると東シナ海がドーンを広がります。


17.JPG



毎回ここを走る時は

景色のスケールに鳥肌が立ちます。



30.JPG



平地がほとんど無い島にある

牛の放牧場 ↓


31.JPG


海のミネラルを含んだ草を食べる平戸牛を

お腹一杯食べてみたいよね。



って、牛居ないし・・・(汗)

(草が生えてね~からな)



18.JPG



まだまだ続く島の道



32.JPG



バイクと一体になって走り抜けたいけど

停まって景色も見たいという

ジレンマと戦う道でもあります。


19.JPG



結局サンセットウェイを走りきるまでに

5回くらい停まったかも。


20.JPG



はい、これが最後ね ↓

33.JPG



走行ジドリをしようと思って間に合わなかった

中途半端なジドリの図。



島の県道に合流して

最初に出てくる観光名所の塩俵の断崖でストップ。


34.JPG


生月島の中では有名な観光スポットなので

何度か寄ってるのですが

今頃になって本当の展望地を発見してしまったよ。



いつも目の前に見える柵に囲まれた

遊歩道を行って断崖を見るのだけどあまり綺麗に見えないんだよね。




そりゃそうだ

こっちが本当の展望地だったんだからな ↓


35.JPG


駐車スペースの数十m手前に展望地へ下る

階段があったのを今頃見つけてしまいました。




ぜ、絶景だぁーーーーー!


39.JPG



これが島に来ないと見れない

絶壁の絶景でございます。



36.JPG

「塩俵の断崖」




普通の断崖としても美しいのだけど

柱状節理が凄いんだよ。


37.JPG


一個の六角形がデッカイ。


38.JPG


あ~、来てよかっぱ。



やっぱりこの島は良い。


22.JPG


で、何度も何度も来てるけど

バイク乗りなので先っちょの岬へ行くのであります。


43.JPG


大バエ灯台に挨拶し

わたしは岬のお気に入りの景色が見える

斜面へ


40.JPG



右に見える島は的山大島で

写真じゃ無理だけど壱岐も見えました。



崖の真下を見るとまた鳥肌が立つくらい

綺麗な海が見えます。


41.JPG


これを生月ブルーと呼びます(わたしだけ)



ここの名物は生月の股覗き(これもわたしだけ)


42.JPG


お越しの再は是非ご自分で

ご体験ください。



駐車場に戻ると荷物満載のセローが停まっていました。

23.JPG


愛知から来たという若者に

股覗きの斜面の存在を教えてあげて

私は再びサンセットウェイへ




でも走り出して早々に

寄り道しちゃうのであります。

45.JPG

だってこんな金運の良い神社を見つけたら

停まらないわけにはいかないじゃない。



海辺らしく水天宮様ですが

神社はこんな感じの素晴らしいほどの素朴なたたずまい。

46.JPG



とりあえずお宝にあやかってお参りをしますが

本来はこっちが御神体? ↓


47.JPG


本殿とおぼしき建物からすこし

海側に下るとこんなところがあったよ。



どうもこの島に澄むカッパが石を積んで作ったらしいです。



カッパの像は道を挟んで反対にあるので

いつかの「1日1カッパ」用の物件として

取っておくことにして残りのサンセットウェイを満喫

24.JPG



海まで続く棚田を見て・・・


48.JPG



生月島大橋が見えてきたら

絶景ロードも終了。



49.JPG


再びお尻がムズムズする橋を渡って

来るときには通らなかった川内峠へ


25.JPG


前回のツーリングは野焼きされてしまう前の

草原を見に行って来ましたがここはもう

野焼きされた後でした。


51.JPG


真っ黒け(笑)



金色の草原越しの海を見ようと寄ったけど

黒い草原越しの海になりました。

52.JPG


まぁ、これも春らしくて良いじゃない。


53.JPG


野焼き後に新しい芽が出て

今年も綺麗な緑の草原になってくれる事でしょう。

(ちょうど阿蘇方面もこの週末が野焼きだったみたい)



26.JPG


川内峠を越えて再び平戸市街地へ出ますが

今日はこの後は寄り道する所を

何も考えてなかったので今まで一回も寄ってなかった

平戸城へ行ってみました。


60.jpg


キリシタンの弾圧を積極的にやった藩のお城って事で

寄ってやるもんか!と思ってたお城ですが

そのお殿様がいるわけじゃないので寄ってあげる事にします。

(何故上から目線?)


61.JPG



広い場内の先は有料です(取るのか?)



本丸は当時の物じゃなく

よくありがちな資料館としての建物です。

54.JPG



本丸の周りは櫓が再現されていますが

とにかく海に出てる城なので

景色がめっちゃ良いのよ。


56.JPG


お金を払ってるので

しっかり本丸のてっぺんに登って景色を眺めます。


57.JPG


う~ん、平戸の海ってやっぱり

九州の中でも別格に綺麗だな。




それと観光客用にこんな兜も

置いていました。


59.JPG


平戸とま~~ったく関係ない

幸村さん。



長政の兜があったのでそっちの方が

良かったかな?




お城を出た後は平戸大橋

62.JPG


生月島大橋もこの平戸大橋も無料で

渡れるって幸せ。



欲を言えば高いところが怖いバイク乗りのために

もうすこし欄干を高くして欲しいかな?


28.JPG


福岡都市高速の荒津大橋より歩道がある分だけ

怖さが半減してるのはありがたいケロ。


(想像力が豊かだと欄干にぶつかった時にバイクは落ちないけどライダーが落ちるのを想像しちゃうわけよ)




田平に戻って広域農道(やまびこロード)で

佐世保三川内ICを目指します。

29.JPG


松浦から唐津を抜けて帰るルート以外では

定番の帰り道です。


31.JPG


何度も走ってるのでナビも要らないよ。



しかもずっと気持ちの良い

クネクネ道が続くのでめっちゃツーリングしたって気分になれます。



インター手前のコンビニで

大好きなツインシューを食べながらコーヒータイムを取って

高速へ


32.JPG


佐賀平野の中を走るけど

一面緑の麦畑になっています。



もう冬の景色を探すのが難しいほど

春になってるんだな。



冬眠中のライダーさん「起きなさぁ~い!」




一気に走って直方PAで日没です。

63.JPG



しばらくホットなココアを飲みながら

猫にこの日の出来事を一通りしゃべって今日のツーリングはおしまい。




九州の西の果てって感じるような島へのツーリングでしたが

どのバイクで行ってもどの季節に行っても

毎回鳥肌が立ってしまうわたしの「Favorite road」は

いかがでしたでしょうか?



ガレージで1日頑張った銀ガメ号を綺麗に

フキフキして次回の出動に備えて

またのご乗車をお待ち申し上げます。




◇◆◇ Minorst Hibiki ◇◆◇



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村

nice!(143)  コメント(48)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク