So-net無料ブログ作成
猫散歩 ブログトップ
前の1件 | -

生存率1%の猫島へ [猫散歩]




島好き.jpg



みなさまお正月は一杯遊びましたでしょうか?



わたくし響は年末年始は普通にお仕事でしたが

3日はお休み~~!



何時もの宗像大社で初詣を済ませて

どこかにドライブに行こうかと思ったけど

どっこ行っても車が多いので島に行ったよ。



海岸線を走って新宮港から猫島と呼ばれる

相島(あいのしま)を目指します。

猫島.jpg


2016年ラストツーリングの時にトイレ休憩に寄った

ターミナルから初めてここから船に乗ります。


5.JPG


この新宮港から相島までは

大人片道460円で駐車場は12時間以内だと

300円と町営らしくかなりリーズナブルでございます。


4.JPG


船のキップを買って待合室で船を待ってるときから

もうまわりは猫だらけ。


1.JPG


桟橋に行く間に

グータラに過ごす猫に癒されまくりです。


2.jpg


天気が良いので黒い猫は暖房器具になっています。


3.jpg


出港まで1時間くらいあったけど

まったく退屈じゃない。



昼前の便に乗れなかったので

14:40の船に乗って島へGO!

6.JPG


やく8km沖合いの相島まで17分間の船旅です。



福岡県方面は晴天だけど

日本海の北の方は荒れてるので

けっこう波が大きくて揺れて楽しい?ぞ。



初めて乗るので寒いけどデッキから

外を眺めてると島が近づいてきました。


7.JPG



なんか同じ福岡県とは思えないのが

離島の良い所です。



しまの沿岸にはいっぱい養殖イカダが浮いてて

何を養殖してるんだろう?




真正面に相島の港が見え始める頃

島の端っこにはめがね岩と呼ばれる

鼻栗瀬の穴ポコが見えてきました。


8.jpg


玄武岩で出来た岩に

ぽっかり綺麗な穴ポコが空いてるよ。


9.JPG



白いのはたぶん

海鵜のウンキョだと思います。



船の方は定刻どおりに接岸し相島初上陸ぅ~~!

38.JPG


どうもこの招き猫に招かれたようです。




さっそく島探険開始!

13.jpg



すこし前に北九州市内から行ける同名の

藍島(あいのしま)へ行きましたが

こっちの島の車はみんなナンバープレートが付いていました。




上陸して数歩も歩かずしてもう猫がいっぱい!

14.jpg


路地を探さないでも

海岸や堤防の上にいっぱい猫がいるよ。


42.JPG


猫目的の観光客がいっぱいいるので

ちゃんとルールもあります。

(眉毛のある猫のイラストがツボる)


18.JPG


集落の探索は帰りの船まで時間がたっぷりあるので

後でするとしてまずは島の外周を回る道へ


21.JPG


民家も無くなるころ

海辺に龍王石がありました。



ちゃんとお参りしますが

これって三社参りの2社目にカウントしても

良いんだろうか?



道はやがて海からはずれて山道になります。

22.JPG


途中で出会った島のおじいさんに

道を聞くと灯台までは登りだけど

後は楽って言ってたので灯台まで頑張ってみたよ。


23.JPG



集落から2kmくらいかな?

(想像してたより遠いです)




海じゃない側に灯台がありました。


24.JPG


灯台と言っても

わたしが好きな形の灯台じゃないけど

ちゃんと島らしいスポットも見ておかないとね。


26.JPG


字は古いけど昭和51年とまだまだ新しい方だよ。



その灯台の敷地には藍島にもあった

外国船などを見張る番所台の跡の石垣が残っています。

25.JPG



筑前相ノ島灯台からさらに2kmほど歩くと

今度は潮井の石と言う場所を発見。


27.JPG



発見って書いたけど

パンフレットに載ってる場所なのですが何時ものように

読まないまま探険してるので何を見ても「発見」なのだ(笑)



なのでどんな場所かさっぱりわからないので

見るまでワクワクするぞ。





これか?


なんだこれ?


28.JPG


これは太閤潮井の石とも呼ばれていて

太閤秀吉の命により朝鮮出兵時に船で立ち寄った大名達が

戦勝を祈願し石を積んだ場所なんだって。




小さな島だけどちゃんと史跡もあるんだね。



道の方はまだまだ先まで続くけど

フルで回るのはきついのでここから集落まで

ショートカットできそうな道で戻りました。


29.JPG


小さくて見えないだろうけど

防火設備の前にもう猫が昼寝中。



島の外周路を歩いていても猫一匹見なかったけど

集落からは出ないんだろうね。


そう考えると猫の縄張りって狭いかも。




漁港まで下りて船溜まりを歩いてみるとこんな

看板がありました ↓

30.JPG


あぁ、

なるほど。



養殖イカダってアコヤ貝の養殖をしてたんだね。


31.JPG


地元福岡で真珠の養殖をしてる場所があるなんて

知らなかっぱ。




漁港から出ると船の桟橋はすぐ近くなので

ここから路地裏にゃんこ探し・・・



32.JPG



岩合さんやダーウィンが来たでも取材されるほど

どの路地を覗いても猫がいます。



34.JPG



CNNが選ぶ世界6大猫スポットに選ばれたため

アジア圏以外からの外人さんがたくさん来るようになったらしく

今日も金髪で綺麗な人が猫を追っかけてたよ。

(わたしはその人を追っかけてたケロ)


35.jpg



今日の写真は全部はちょっと古い

SONYのRX100



猫目当ての人はみんなデッカイ一眼レフを

持ってきてるけど小さいカメラは

猫に警戒されにくいし狭い場所に突っ込んで撮れたりするよ。


10.JPG


猫ってカメラのレンズを嫌がるので

接近戦は小さいカメラも有効




コンデジでものんびりした猫たちが

フォトジェニックな場所にしてくれます。


11.jpg



こんなに猫探しに苦労しない

猫散歩は久し振りだ。



36.jpg



一本中の道を行くと島らしく

恵比寿神社がありました。




この路地を抜けてまた海に出るまで

また猫だらけ・・・


33.JPG


ちょっとカッコイイ雄にゃんこ。



飼ってるといちいちタマタマを見なくても

オスメスが判っちゃうよね。





グダ~~~!


19.jpg



これぞ「猫」って感じの

幸せな寝方。


15.JPG



しかし平和に見える猫たちはこう見えても

しっかり野性の掟の中で生きています。



漁具を荒らすネズミの駆除用に飼われた猫も

いたずらにどんどん増え続けるわけでも無いようです。


16.JPG


1匹のメスを取りあう雄同士の喧嘩



低い声で唸っています。


17.JPG


目を反らしたら負けの猫の威嚇勝負ですが

飼い猫と違って子孫を残す真剣勝負なので

めっちゃ長い時間やっています。




この勝負に勝って晴れて自分の子孫が生まれたとしても

この島での子猫の生存率はたったの1%らしい。


20.JPG


ほとんどは子猫のうちにトビにさらわれたり

他のオス猫に殺されるようです。


37.jpg



これだけ猫を見てるなか

そういえば子猫を一匹も見なかったなと思ったら

島の方が秋に産まれた子猫は餌が減るためトビも必死で

ほとんど生き残らないって言ってました。



40.jpg


そんな厳しい自然の掟の中で生きる猫たちを見ながら

勝手に癒されちゃうという猫と人間の関係。




すり寄って来る猫もいれば

逃げては振り返る猫もいる絶妙な距離感がまた良い。


39.jpg



都市圏からも近いため

猫好きにはたまらない島にゃのでした。


41.JPG


[17:00]




猫の影も長くなり

帰りの船の時間になりました。


43.JPG


帰りは猫好き達や島に里帰りしていた家族連れたちで

ほぼ満席。


46.jpg



夕凪になり

まったく揺れない快適なクルーズで新宮港へ



45.JPG


相島を赤く染めた夕日は

静かに志賀島に沈んでいきました。


44.jpg


こうして響の2017年最初の猫散歩はおしまい。




次回こそはバイクに乗って初走りをしたいけど

ど~かな~?




まだ寒いよね~(笑)






前の1件 | - 猫散歩 ブログトップ