So-net無料ブログ作成
検索選択
響の休日 ブログトップ
前の1件 | -

ぼたん桜を見に行こう [響の休日]





家から出ると

外は私が好きな新緑のシーズン真っ盛り。


1.JPG


いろんな山肌を見ながらどのドレッシングをかけて食べたいか

考えながら走るのが楽しい時期ですね。

(わたしだけ?)



今日はそんなフレッシュサラダな山々に囲まれた

こんなお寺にやって参りました。

8-4accf-01.jpeg

大分県にある「一心寺」



今日は家族サービスなので車で来ていますが

花より先にさっそく名物のさくら餅をいただきま~す。


2.JPG


自家製の桜餅らしく葉っぱにほどよい塩味が効いてて

めっちゃ美味しい。



ちなみにここの住職さんは

ソフトバンクホークスの「いまみー」こと

今宮健太さんのお兄さんです。

(たまたま茶屋のところに居たので一緒に写真撮らせてもらったよ)



本来のお目当ては桜餅でもお兄さんでもなくて

境内いっぱいに咲くぼたん桜。

3.JPG


八重咲きの桜でソメイヨシノが終わってから咲くため

新緑と一緒に見れる桜です。

しかも一輪のボリュームがあるうえ

本数が半端ないのでめっちゃ綺麗なんだよ。


4-f3a52-01-01.jpeg


はじめて来たけど境内に

渓流も流れててすっごく良いところでした。


5.JPG


平日だけどぼたん桜が満開というだけあって

そこそこ人が多いけど土日はこんなにゆっくり見れないかも。


6.JPG



境内の端の丘の上には

でっかい不動明王様


7.JPG


その不動明王様が立つ丘からの

眺めがまた良いのよ。


9-f576c-01.jpeg


桃源郷みたい。



一心寺を堪能した後はそのまま帰るのは

勿体ないので御朱印をもらうため大分懸護国神社へ

来てみました。

10.JPG


護国神社らしい紋章のある門をくぐると

日本一の破魔矢があります。


11.JPG


熊手も巨大だし駐車場には煙突のような門松もあったので

よほど巨大な物が好きな神主さんがいらっしゃるのかもしれません。




護国神社らしいと言えばやっぱり

戦争に関する資料室もありました。


12.JPG


大分市内の大洲も昔は飛行場だったもんね。

(過去に掩体壕を探しに来た事があります)




参拝を済ませ「神社に来ればハートを探せ」通りに

ハートGET!

14.JPG


無事に御朱印もいただいて

大分懸護国神社を出ます。


13-d3c21-02.jpeg

参道の楠の木も新緑に入れ代わる次期で

これは和風ドレッシングをかけて食べたい感じ。



神社は高台にあるので

道の途中から新日鉄住金の大分製鉄所がよく見えます。

15-fab0a-02.jpeg


と、こんな春うららな家族サービスデイでした。




その翌日・・・



銀ガメ号のFI系のCPを総とっかえして

治ったとの連絡があったのでDラーへ。



無事に銀ガメ号に再会して

エンジンを掛けてDラーを出ようとした途端

またLAMPエラーの表示が・・・


横でわたしが出て行くのを見守っていたメカニックさんが

慌て出す(笑)


と、同時にめっちゃ謝られたよ。


良いの良いの、電装系ってこじれると

こんなこと良くある事だし。


また一から原因を探るため入院となるのだけど

今日は代車がないとちょっと困るよ。



代車は出払って無いらしいけど

呼ばれて行ってのこの状況なので

急遽店頭に並んでいた新車の試乗車がわたしの代車になりました。


本当はF700GSが良かったのだけど

R1200RTだったよ。

RT6.jpg

でっかいよ~~!




どこがって・・・

「顔がでかい」

(千鳥の「癖がすごい」の口調で言って下さい)


RT4.jpeg


サイドパニアケースを付けたままだと

ガレージに入んないので

外してもらったけど銀ガメ号と同じ

排気量とは思えないどっしり感があります。


RT2.jpeg


乗って走り出してしまえばヒラヒラと走れちゃうのだけど

信号待ちで止まる瞬間はドキドキするぞ。


RT3.jpeg

ハンドル周辺のスイッチはわけわかんないので

触らんどこ。



ラジオも勝手に鳴ってるし・・・

(後で消し方は判ったのでOK)



鍵穴が無いのはキーレスシステムで

給油タンクもそのキーレスで開いたりロックが掛かったりします。



タンクは25Lで満タンにすると

わたしが下敷きになった時に脱出できないので

返す直前まで満タンにしない作戦でいきます。


RT1.jpeg


そういえばわたくしBMWのテレレバーって

はじめて乗るよ。



信号で停まる瞬間

沈むはずのフロントが沈まないので

逆に浮き上がってくるような変な感覚はこのせいかも。

(数回停まれば慣れるケロ)


RT5.jpeg


まぁ、自分でも判ってるけど

似合ってね~な~~。



とりあえずDラーの担当の方から

ツーリングに行ってRTをいっぱい楽しんでくださいって

言われたので行っちゃおうかな?(笑)



もし走る時は一人じゃ怖いので要介護ライダーってことで

マイナリストの誰かに介護を要請しようと思います。





nice!(91)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の1件 | - 響の休日 ブログトップ