So-net無料ブログ作成
検索選択
ツーリング日誌 ブログトップ
前の1件 | 次の1件

南九州ツーリング1日目(鹿児島編でごわす) [ツーリング日誌]






梅雨入りしてますが

梅雨前の走り溜めツーリング「遠征編」




毎年恒例にしていた春の遠征ツーリングを

今年は四国か三重県方面で計画していたけど

五島や沖縄など立て続けにツーリングしてたら

フェリーの予約とかルートの選定とかが

めんどくさくなっちゃったため今年は久しぶりに九州Loveってことで

同じ九州の鹿児島と宮崎方面を巡ってみようと思います。

(土地勘があるだけ気軽なのよ)

p1.JPG


まず初日の今日は九州の左側の先っちょ(薩摩半島)を

目指すため九州道を南下中。


1.JPG


やっぱり銀ガメ号にシートバックを乗せると

旅気分が盛り上がるね。


p2.JPG


えびのJctを過ぎた先のパーキングで

最後の休憩。

3-01.jpeg



溝辺PAだったかよく覚えてないけど

ここでインナーを脱いで軽くなります。



桜島がチラチラ見え始めた先にある

わたしの好きな焼酎の銘柄の姶良インターから

一般道へ


p3.JPG

k52~k42とつないでやって来たのは

自然大好きなので「藺牟田池」


4-01.jpg


ラムサール条約で保護されている

泥炭形成植物群が残る火山湖だよ。


5-01.jpg


直径1km程度のまるい火口湖で

その湖の一角にこの樹がありました。


6.JPG

ニョキニョキ


わかる人にはわかる呼吸根の持ち主がコレ ↓

7-01.jpg


「沼杉」(ラクウショウ)


メタセコイアと近縁の樹ですが湿地をより好む種類の樹なので

しっかり水没しながら育っています。


9-01.jpeg


地元の福岡の大学の池にもあって

見た目のインパクトは福岡の方が凄いのですが

ここのは「植えました」感があまりない自然な感じが良い。


8-01.jpg

湖なので水位が一定なのも

育つ環境にいいのかな?

10-01.jpg


とにかくバイクから降りて散策してると

遠くに白鳥が浮いてるし野鳥の声がいっぱいの

すてきなところです。


p4-02.jpeg


藺牟田池を反時計回りに走ってると

綺麗な茶畑を発見!




銀ガメ号を停めて歩いて登ってみると・・・


11-01.jpg


[茶畑と藺牟田池]

外輪山の一つである飯盛山も美しかぁ~。


12-01.jpg


歩いて上がらないと見れない風景だけど

この茶畑はあがる価値があります。


13-01.jpg


頑張ったご褒美・・・ってほど

登りませんケロ。




さぁ、ここから大移動



p5.JPG


日置の広域農道やR270で南さつま市へ


p6-02.jpeg


そこから野間半島の付け根を横断して

秋目湾側へ出ます。


p7.JPG


何度か秋目湾沿いの道を走ってるけど

この「碑」で停まるのは初めてでした。


14-03.jpg


みんなが寄ってるのでいつもスルーしていた

映画「007は二度死ぬ」のロケ地の記念碑。



わたしの世代はやっぱり007と言えば

ショーンコネリーなんだよね。



丹波さんのサインもあるけど

故人になっちゃってるのが残念。


15-01.jpg


記念碑のある前の海は

黒潮の海が広がっています。


24-01.jpg


その黒潮の温暖な気候を好む

樹がこの近くにあるんだよ。


23-01.jpg


聞き込みしないと判らないかなぁ~?と思っていたけど

ちゃんと看板が出ていました。


16-01.jpeg


「秋目のアコウ」

22-01.jpeg



もう全国にあるアコウを全部制覇しちゃうんじゃなかってくらい

アコウ探しは楽しい。



毎回枝の出方とか様々で

うごめくような枝を見てるとゾクゾクします。

17-01.jpeg


この秋目のアコウは主幹から違う根が下りてて

トンネル状になっています。


18.JPG


すこし離れて見た方が大きさが伝わるかな?

19-02.jpeg


カッコイイよね。


ほれぼれしますわ。

20-01.jpg


では、本日前半で一番来たかった

巨木の精霊と並んで集合。

21-01.jpg


秋目のアコウで感動した後は

再び海沿いのR226を走りますが

その道沿いにまた「久志のアコウ」がありました。

25-01.jpeg


こちらは民家の入り口に2本あって

大きさよりも高さが凄いアコウでした。



クスの樹みたいな枝振りですが

道にはアコウの実がいっぱい落ちています。


p8.JPG

小さい頃お腹を壊したときに

お世話になった奴に形も大きさも
そっくり。

(アコウはイチヂク目です)



野間半島を抜けて坊津から枕崎へ


p9-01.jpeg


枕崎の街の中に入ったところに

薩摩酒造花渡川蒸留所明治蔵っていうところがありました。


26.JPG


薩摩酒造と言えば芋焼酎の中で超メジャー級の

「白波」の酒造さんです。

(飲み放題メニューの定番とも言う)


27.JPG


どこでも飲めるのでレア感がまったくないけど

古くからお酒を造っていたのがよく判るところでした。



この明治蔵のレストランで昼食にしようかと思ったけど

誰も居ないのでここはやめて

近くにある火之神公園の方へ先に行ってみます。


海岸の道をすこし走ると

シンボルの「立神岩」が見えて来た。

28-01.jpg

時期と天気が良いとあの岩のてっぺんに夕陽が沈む

写真が撮れるらしいよ。



とりあえず42mの岩を我が手の中に・・・


p10-02.jpeg


元来た道を戻って

同じ枕崎にある「枕崎お魚センター」で今日のランチにします。


p11.JPG


お魚センターの2階にある「展望レストランぶえん」で

人気ナンバー1の枕崎鰹大トロ丼をいただきます。


p12.JPG


大トロ部分を生姜醤油で漬けたものを揚げたような

とってもごはんにあう丼でした。



わたしが注文したら本日分の枕崎鰹大トロ丼は売り切れ。(笑)



食べ終わって駐車場に戻ると

火山灰まみれの汚い車がいっぱい並んでて

「あはは、これも鹿児島らしい風景だな」と笑ってたら

銀ガメ号も灰まみれになっとったぁ~~~!

p13.JPG

エ~!こんなに急に降るの?


ご飯を食べてる短い間に

ピンポイントで降ったらしい。



走ってると灰が舞ってるのこの辺だけだったもん。



シートはフェイスタオルで叩いて乗ったけど

火山灰はそのまま触ると塗装にキズが入るし

ナビの画面も同じくキズが入るのでむやみに触れない。



めんどくせぇ~~!

p14.JPG


とりあえずコンタクトレンズに支障が無い程度だったので

R226を先へ



真っ白けの銀ガメ号とやってきたのは

「釜蓋神社」

29-02.jpeg


面白い神社なので

平日だけど人がけっこう来てるよ。



神社の参道からは開聞岳

30-01.jpg


降灰がすこしあるためか

空が霞んでるけど薩摩富士がとっても美しい。


36-01.jpeg


はい、これが釜蓋神社



かなり女子率の高い神社だよ。


33.JPG


とにかくこの神社の一番の特徴がコレ ↓

34.JPG


釜の蓋を頭にのせて

鳥居からお賽銭箱まで落とさずに

歩いて行って参拝するというスタイルなのです。


32-01.jpg


落としたら鳥居からやり直しと言う

厳しいルールですが落とさずに1回で成功。



それと素焼きの釜蓋を壷に入れる奴・・・

35.JPG


男性は利き腕じゃない方などの決りは無いので

利き腕で投げるけど全然入らんわ。


的が小さ過ぎるんじゃぁ~~!

(あの七輪に見える小さい奴が的です)


ま、蓋を落とさず行けたのでOKでしょう。



参拝は終わったけどついでに神社の裏へ行くと

開聞岳が綺麗に見える海岸がありました。

31-01.jpg


こんな風景を見るとつい

ウキウキしちゃうね。


p15.JPG


では見えていた開聞岳の方へ走りますが

被った灰が我慢できないので

道沿いにあったスタンドで2リットルしか入らないけど

給油して洗車させてもらいました。


p16.JPG


タダでタオルまで貸してくれて

灰と共に生活する優しい風習かな?



水洗い洗車で

灰を被る前より綺麗になった金ガメ号でさつま半島最南端へ


p17-01.jpeg



国道からそれてl243を進むと

南国ムードが濃くなります。


p18-01.jpeg


そして岬の先っちょの長崎鼻に

銀ガメ号を停めてそこからは徒歩


37.JPG


昭和から変わらないウミガメの剥製などを飾ってる

お土産屋の前を通って来たかった竜宮城へ

38-01.jpg



浦島伝説発祥の地となっている神社で

龍宮神社です。


40.JPG


絵馬の代わりに貝に願いを書くんだよ。



乙ちゃんいないけど

薩摩半島最南端の神社参拝完了!

(乙ちゃんのお店は夜しか開かないのか?)

39-01.jpg



長崎鼻に来たかった目的は果たしましたが

もう一つ大事なミッションがあります。


41-02.jpg


まずは本当の先っちょに建つ

長崎鼻灯台に御挨拶。


42-01.jpg


そしてシンボルの開聞岳をバックに

あの旗を掲げるのじゃ~~~!


43-02.jpeg



薩摩半島最南端で復興フラッグ



昨年はわたしは行けなかったけど

向かいの佐多岬でマイナリストメンバーが掲げてるので

これで鹿児島の2つの先端は完了でございます。



かっこいい開聞岳バックは逆光だったので

保険の意味でこっちでも撮っとく。

44-01.jpeg


いつもなら旗を持ってもらう口実でオネーさんを現地調達するのですが

昨今の観光地は日本語が通じない人ばかりなので

今日は全部一人でお仕事をこなしております。



久しぶりのさつま半島なので

はじめての場所も行った場所も関係なく

こんな場所にも行ってみたよ。

45-01.jpg

「JR日本最南端の駅 西大山駅」

まだ初々しくツーリングをしてる頃に来て以来か?



因みに始めて来た時は鉄道の最南端の駅でしたが

沖縄にゆいレールが通ったので

「JR日本最南端の駅」と名称がすこし変わっています。



しかしこの駅の良いところは最南端とかそんなのじゃなくて

ロケーションが良いのです。

46-01.jpg


霞んでくっきりしないけど

可愛い三角の山が良いでしょう?



この駅の前に売店が出来ていたので

そこでマンゴーのジェラートを頂きます。


p19-02.jpeg


甘くて美味しい。



開聞岳を見ながらジェラートを食べた後は

本日最後のスポットへ



p20-02.jpeg



R226で指宿温泉の方へいき

そこから魚見岳へ上がります。



ほぼ頂上付近までバイクで上がれますが

そのちょっと手前がビュースポットになっていました。

48-01.jpg


「知林ヶ島」


まるい小さな島ですが・・・

47-01.jpg


トロンボ現象で干潮時に道が出来る島なんだよ。



ちゃんと潮の時間を見て来たので

ちょうど良い感じに道が出来ています。


49-01.jpg


ここのエンジェルロードはクネクネと長いので

かっこいいとです。


50.JPG


望遠鏡で見ると

数人が渡ってるのが見えました。

(写真は見る向きが反対ですケロ)


エンジェルR.jpg


んじゃ、あのエンジェルロードまで行きましょう。


p21-01.jpeg


魚見岳をおりて

海沿いの道を見つけて向かうと

指宿エコキャンプ場の横から行けるみたい。


51.JPG


大きな駐車場に銀ガメ号を停めて歩きます。



キャンプ場の横も大きな公園になっていて

並木の中に鹿児島らしくハイビスカスも咲いています。


52.JPG


西日を背にしてさらに先へ


53.JPG


遊歩道が終わるところから海岸に出れるようになっていて

無事にエンジェルロードへ行く事が出来ました。


53-01.jpg


どうでしょう?


これってやっぱり上から見る方が良いんじゃない?と

思ってしまった事は内緒にしておこう。

(せっかく来たんだから)



砂の上は3歩歩いたら2歩ズリっと戻ってきついので

島まで行かず知林ヶ島を満喫しておしまい。



さぁ、今夜のお宿は鹿児島市内



国道と指宿スカイラインの間に

広域農道があるのを見つけてそれで鹿児島市内へ


p22.JPG


めっちゃ快適な道でした。


後はナビにホテルを入力して

ナビに逆らう事無く素直に走ります。


p23-01.jpeg


は~い、お疲れチ~ン。


屋根付きのスペースに停めさせてくれる

いつもバイクに優しいホテルです。

p24.JPG

これで灰が降っても安心。



部屋でシャワーを浴びて

さっそく街へ・・・


p25.JPG


また適当に見つけてお店に入ったので

名前を思い出せないけど

とりあえずいつもの一杯と鹿児島らしいおつまみを

つまみながら南九州ツーリングの鹿児島の夜は暮れて行きます。


p27.JPG


全部載せてないけど

さつま揚げや黒豚でお腹一杯です。


p28.JPG


でも芋焼酎ときびなごは大丈夫。


p26.JPG


食べ物美味しいし焼酎はうまいし

ツーリングで居酒屋は次の日も走るので

危険やわぁ~。



どうにか焼酎を2杯でストップし

明日に備えます。




では皆様、おやすみなさい。


つづく





nice!(141)  コメント(52)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク
前の1件 | 次の1件 ツーリング日誌 ブログトップ