So-net無料ブログ作成
ツーリング日誌 ブログトップ
前の1件 | -

アーバンな奴からランチツーリング [ツーリング日誌]



南阿蘇で紅葉を楽しんで帰って

何気なく銀ガメ号のメーター表示を切り替えて見ると

ODO(オド)メーターの距離が2万キロを超えとったぁ~!

(何時もは給油のタイミングの目安のためトリップ距離表示にしています)



エ~ット、前回のオイル交換が

14061kmの時で今が20295km



・・・


6000km以上も走っちゃってるじゃないかっ!

(元を取ったな)



と、言うわけで急きょオイル交換するため

Dラーさんへ

p1.JPG


2万キロの節目の距離なので

今日はオイル交換の他にミッションオイルと

ファイナルギヤのオイルも交換してもらいます。



その分だけ作業時間がかかるので

暇つぶしに試乗車で遊んじゃうよ~!



タタタタターーー!

p2.JPG


白い奴に乗って

東筑高校の前を・・・

(わたしが4歳まで住んでたところ)←ど~でも良い情報

p3.JPG


やって来たのは西鉄の

旧橋梁跡。



通称「ねじりまんぽ」


1-2.jpg

試乗したバイクは銀ガメ号の兄弟の

「RnineT Urban G/S」 (アーバンG/S)




オフロードも走れそうなスタイルですが

同じ様なコンセプトのスクランブラーと言うモデルがあるので

いまいちこのモデルの存在意義が判らない兄弟でございます。


2.JPG


フロントのデザインから見て

スクランブラーよりさらにオフロードを意識してる感じが

するけどタイヤは普通のロードタイヤだよ。



それと特長的なメーターカウル ↓

3.JPG

これ、好き嫌いが分かれそう。



80年代のパリダカを走ったモデルの

デザインを取り入れてるみたいだけど

それを懐かしむ年代の人しか受けない気もします。


4.JPG


タイヤは

F=120/70 R 19 

R=170/60 R 17


5.JPG

マフラーはアクラポビッチじゃなくて

無名と言うか普通の純正?


タタタタッ!と歯切れの良い音だけど

悪く言えば250ccの単気筒みたいな音で軽い音です。



個人的にはこのまま乗るのは嫌かも。



銀ガメ号と同じ形式のエンジンなのに

マフラーだけでめっちゃ乗った雰囲気が変わるのね。



それと一番目立つシート ↓

6.JPG

買ってすぐの濃いカラーのデニムパンツで乗ると

色移りしたりするかもしれないので

ちょっと気を使うカラーです。




で、撮影場所にした

ねじりまんぽの全景 ↓

7-2.jpeg

赤煉瓦が良いでしょう?



連続アーチになってるのだけど

端っこのアーチだけ斜めに通ってるので天井の煉瓦が

ねじれるように組まれてるんだよ。

8-2.jpg


すぐ裏にはJR折尾駅があって

ゴチャゴチャした狭い路地にあるので

バイクじゃないと寄りにくい場所です。




まだ時間があるのでもうちょっとアーバンな奴で先へ


p4-2.jpeg


信号の多い街中だけじゃ良さが判らないので

鞍手の田んぼの中の道まで来て見ました。


10-2.jpg


田舎道なのですこしペースを上げて遊んでみたけど

タイヤが細い分だけヒラヒラとコーナーを曲がるけど

キャスター角が寝てるので個人的には

慣れもあるけど銀ガメ号のフィーリングの方が好きかな。


9-2.jpeg


カタログ上のサイズが銀ガメ号と

似てるけど実際に跨って見るとコンパクトに見えます。


11.JPG


タイヤが細いためなのか

車格的に1200ccもあるように見えないほどコンパクト。



しかし、足付きは・・・

12-2.jpg

やっぱり踵が浮きます。


銀ガメ号は両足の踵まで余裕で着くので

Uターンも全然怖くないし

駐車場で足だけで移動も楽々ですがこれは私の中では

マイナスポイントです。


13.JPG


しかしこのスタイルさえ気に入れば

マフラーを交換すればすごく個性もあって

目立つバイクになると思います。




でもやっぱりわたしはこっちが一番 ↓

14-2.jpg


作業が終わって同じ場所に来て見たよ。

(暇かっ!?)

p5-2.jpeg


マフラーの音もクネクネを楽しむ感じも

格段にこっちの方が私好みです。



オイルが全部入れ代わって気分もリフレッシュしたので

そのままちょっと走っちゃうことに。



あ、その前にランチタイムね

p8-2.jpeg

鞍手町にある「うどん屋 仁」



ツーリングで来ることが無いのでレポには出て来ませんが

数えきれないほど通ってるわたしのお気に入りのお店でございます。

p6.JPG


ホクホクのごぼう天と温かいぶっかけうどんが

わたしの定番。

(麺は小麦の殻も入ってるのですこし色が付いています)


トッピングは鰹節や大根おろしなど

自由に組み合わせが出来ますが

何でも入れるのではなくてネギとワカメと青胡椒の塩漬けみたいな奴が

わたしの中ではパーフェクトな組み合わせなんです。




お腹を満たした後はプチツーリング開始。


p7-2.jpeg


宮若市方面へ抜けると

こんなの見つけたよ。


18-2.jpg



地球?



15-2.jpg



公園のオブジェか?



17.JPG



特に遊具もなく犬鳴川の土手に

ベンチがあるだけの公園で

このオブジェだけお金が掛かってる気がするところでした。


16-2.jpeg


良いでしょう?

田舎らしいでしょう?



談合の匂いがするでしょう?(笑)


p9-2.jpeg


宮若市から直方市を抜けて方城町方面へ


19.JPG


途中に炭坑の遺構がある抜け道を走ります。


p10.JPG


方城町から田川方面へ走って

英彦山の麓にある油木ダムへやってきました。


p11-2.jpeg


特に紅葉が綺麗な場所でも無いけど

ところどころに色付いた木があります。


21.JPG


まぁ、紅葉を見に来たって言うより

走るのにちょうどいい距離だったので来て見たんだけどね。


20.JPG


でもダムの中にある島の楓は

良い感じでグラデーションになっています。


22-2.jpeg


真っ赤な時も良いけど

緑から移り変わる途中の感じも好き。


23-2.jpg


油木ダムも久しぶりなので

ぐるっと半周。


p12.JPG


県道じゃない方の対岸の道は

すこし荒れ気味かな。


24.JPG


紅葉狩りの車も来ないので

こっちの方がゆっくり見れます。


25.JPG


ダムの上流部に抜けて

県道側で戻ります。


26-2.jpg


さっき通ったダムの中の島がよく見えるよ。


p13.JPG


ダムの道を戻ってると

最後の銀杏の並木も綺麗でした。


油木.jpeg



ただ暇つぶしで走っただけでしたが

良い紅葉狩りが出来たよ。


ダムを下った後は久しぶり・・・




本当に久しぶりに「えふ」へ


p14.JPG


何年振りだろう?



店内に置かせてもらってるマイナリストノートを見返すと

1年8ヶ月ぶりくらいだったよ。



懐かしいノートの落書きを見てると

栗パフェが来ました。

28.JPG


やっぱり美味しい。



食べながらノートを読みます。

p15-2.jpg


人気店になって行列が出来るようになって

マイナリストの隠れ家的な存在じゃなくなってあまり

来なくなったため書き込みも少ない。



なのでお店に迷惑が掛かるといけないので

書きかけのノート1冊を残して過去の3冊はわたしが持って帰りました。

p16.JPG


だってこれ私が自腹で買って置かせてもらってたんだもん(笑)


まだ書きかけのノートがあるので

お越しのさいは是非落書きして帰ってくださいね。



栗パへを食べたらもう帰るだけですが

平尾台を越えて帰るルートへ

p17-2.jpeg


西日を浴びる秋の平尾台


29-2.jpg


ススキの風景から冬の風景に変わろうとしています。


30-2.jpeg


陽が傾くと空気が急に冷たくなります。



遅くまで遊ぶつもりじゃなかったので

インナーとか持って来てないので早々に撤収!


p18-2.jpeg


平尾台を下ってもう一つ峠を越えます。


31.JPG


ガレージに戻る前に燃料を満タンしてると

綺麗な夕景が見れました。



32.JPG


OIL交換すればそれで終わりのつもりが

いっぱい遊んで終われたのもこのお日様の御蔭。


33.JPG

またいっぱい私を照らしてください。



では、油脂類も完璧だし

次も走るよ~~!


◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆



nice!(40)  コメント(8) 
共通テーマ:バイク
前の1件 | - ツーリング日誌 ブログトップ