So-net無料ブログ作成

葉燃ゆる島根県ツーリング [ツーリング日誌]




只今、九州は秋本番。



たぶん今日が人が普通に生活する標高あたりの紅葉が

一番綺麗なんじゃないかと思うので

平日ですが早朝からお出かけするよ~。



「めかりパーキング」

1.JPG


九州と言いながら九州から出て本州を目指してる事は

あまり突っ込まないでください。




まだ薄暗い朝の6時半・・・


3.JPG


平日なのに

早朝なのに

寒いのに

走るの大好きなもちっこさんが釣れました。

(残念ながらこうさんは徹夜勤務で7時までお仕事らしい)




日が暮れるのが早いので

出発を早くして朝日と共に走って日没と同時に帰宅と言う

太陽エネルギーで動くイメージのプランでございます。

(原始人の生活スタイルとも言う)




菓”、子菓子、めかりSAに入る直前の電光掲示板に

「下関~小月IC間 事故通行止」の赤い表示が・・・




マジですか?


持ってない二人が揃うとこういう事になるのね(泣)




めかりSAで珈琲を飲みながら

情報モニターの赤い表示が消えないか

待ってたけど何時開通するかわかんないので

しゅったつじゃ~~!


1.JPG


関門海峡大橋を渡るとパイロンが本線に並らび

下関ICで強制的に降ろされ

一般道に降りると国道2号線は半端ない渋滞だよ。




でもご安心を

半分庭みたいなもんですからぁ。


2.JPG


市街地をちょっとだけスリ抜けさせてもらって

霧で真っ白な内日から菊水方面へ


3.JPG


トラックなどはみんなR2やk33に行ってるので

ある程度車の団子状態を抜けば後はスイスイです。




さらに裏道で小月ICまでショートカットして

無事に乗り継ぎできました。


4.JPG


ロスタイムは30分くらいか?



しばらく朝日を浴びながら中国自動車道を走ります。

(もちろんすぐに押し寄せてくるオシッコ休憩はこまめに取りながらだけどな)


5.JPG


鹿野を過ぎたくらいから

山が赤くなってきます。



それと同時に寒さも・・・



電熱ベストの恩恵が身に染みるようになってきたぞ。





もちっこさんも「もう寒くてたまらへんねん」と

言い出したころ六日市ICで高速を降りました。




朝から200km近く走ったので

とりあえずまだ余裕だけど今日は田舎道ばかりな

予感がするので先に給油しときましょう。


6.JPG



インター近くのセルフスタンドで給油を済ませて

まずは本日一発目の私の行きたい場所へ


8.JPG


R187からすぐに脇道に入って探すけど

霧でターゲットが見えね~よ。




近くまで行きゃあ見つかるだろうと思ってたけど

こんな深い霧だとは想定外じゃった。




でも、ちゃんと案内が出てて一安心。


10.JPG


しっとりした霧に包まれた中

訪れたのはココ ↓


5.JPG

「沢田の大杉」



巨木ですよ~~!




でっかい樹が大好きなので

ここはずっと行きたいと思っていた場所なのでございます。

7.JPG


幹回り:4.9もちっこ(7.3m)

樹高:23もちっこ(34m)



島根県の名樹百選にもなってる大杉です。


8.JPG


あ、そうだ

もうここって島根県だったわ。




んじゃ、ずっとずっと昔から

この地で私たちが来るのを待ってくれていた

母なる樹で儀式を!

9.JPG



こうして朝の高速で減ったパワーを充填させてもらい

城下町の津和野へ向かいま~す。


9.JPG


R187を北上して

途中からk3へ


12.JPG


さらにk226に分岐して峠を越えると

津和野の街にドーンと突き当たります。


11.JPG


高台から津和野の街を見ると

山陰らしく石州瓦の褐色の屋根が広がってるよ。


12.JPG


まずは津和野の街中へ入って溝の中を巨鯉が泳ぐ通りを抜けて

覚皇山永明寺(かくおうざんようめいじ)へ向かいましょう。


20.JPG


町の端っこにあった永明寺の紅葉は

今が「ピーク」って感じです。




一歩境内に入ると空気まで

色が付いてるようだよ。

21.JPG



津和野は何度も来てるけど

ここは初めてだったので二人ともお寺に似つかわしくない

テンションで境内を走り回ります。



24.JPG


森鴎外のお墓もあるお寺で

境内の樹はほとんどが楓です。


23.JPG


森鴎外の墓地の苔と落ち葉



一番見たかった永明寺の山門 ↓

25.JPG



色付く楓と落ちてる葉っぱがまだ

汚くなってない絶妙のタイミングだ。



一雨来ると落ち葉がグチョグチョになって

茶色になるのでその前に来れてよかっぱ。


26.JPG



山門だけを見れれば良いかな?と

思ってたけどもちっこさんが御朱印をもらうので

入山料150円と御朱印代600円を払って中へ


27.JPG


奥に行くとまたお寺らしくお墓があるけど

その手前の山肌がとっても綺麗でした。


28.JPG


階段がずっとレットカーペットだよ。



庭園もあるみたいだけど

この後も庭園に行く予定なのでここのは見ないまま

永明寺はここまで!


31.JPG



享保十四年に建てられた

茅葺の本堂の屋根が傷んでたのがちょっと残念だったけど

二人分の入山料と御朱印代で補修する茅100本分くらいには

なったかな?




真っ赤な参道を下ってバイクへ


13.JPG


はいはい

わたしの嫌いなヤラセですよ。

(シートにはあまり綺麗じゃない葉っぱが落ちてたケロ)




津和野には城下町や太鼓稲成神社など

有名なスポットがあるけど

次に向かったのはもうスグ

津和野の街から出ちゃうよ~ってところにある鷲原八幡宮


32.JPG


春の大祭では流鏑馬(やぶさめ)神事が行われる神社ですが

今はひっそりと静かです。


33.JPG



参道の銀杏が黄色くて綺麗だけど

鳥居も本殿も真っ赤だよ。


34.JPG



真っ赤な派手な本殿ですが

屋根がここも茅葺で可愛いとですよ。



35.JPG


狛犬も「麒麟みたいやわぁ~」と言われる通り

麒麟っぽいです。


36.JPG


小さいながらも同じ境内に外宮もあって

宝くじのが当たるらしい稲生神社がありました。


13.JPG


ここも初めて来たけど

面白いところだったよ。


37.JPG


そろそろ紅葉でお腹いっぱいになる頃だと思いますが

次が最後の紅葉スポットなので

もうすこしお付き合いくださいませ。



14.JPG



津和野の街から出て民家も何もないk17を

10kmほど走ると到着!


49.JPG


ここも紅葉のピークでした。


38.JPG


ぜったい事件が起きて

袴姿の探偵やその孫やめがねの少年探偵がやってきそうな

豪邸だよ。






で、ここはかつて銅山師だった堀氏が

建てた「堀庭園」


40.JPG


広い敷地には主屋と客殿の楽山荘があって

中は迷子になりそうなほど入り組んでます。



そしてこの堀庭園で一番の見どころは

楽山荘の二階から見る庭園だ。

41.JPG


キャーーー!


ベストポジションをもちっこさんと取り合いになります。




庭園を二階から見下ろしても

絵になります。

42.jpg


平日だけど人が多いので

誰かが写っちゃうけど素晴らしいよ。



一階に降りると庭に降りれるように

ゴム草履があったのでそれを履いて庭に出てみました。

45.JPG


ゴム草履は10秒ダッシュで走ると脱げそうで危険(笑)



水で池は鉱山跡の地下水を引いた水なので

濁って無くて綺麗です。



庭園にはわたしの好きな苔も生えてるよ。


46.JPG



しばらく借りた草履で庭を走り回ってると団体さんがやって来たので

また二階に上がって集合写真を・・・



43.JPG



紅葉を満喫した後も

入場料(500円/一人)を払ってるので

元を取るべくのんびりさせていただきました。


44.JPG

「ようこそ我が家へ」




こうして本日の紅葉巡りは終了!

48.JPG


まぁ、この後も走りながら道すがらに

綺麗な紅葉が見れるのですが

もうお腹一杯なので停まって見る事も無いでしょう。



紅葉はお腹一杯になったけど

実際のお腹の方は空っぽなので

同じ堀氏が立てた旧畑迫病院跡に出来たカフェでランチにしましょう。


50.JPG


医食源レストラン「糧」


堀庭園から歩いていけるところにあります。



ランチメニューは山鯨肉のカレーのみという

優柔不断な方でも安心なシンプルな物です。

51.jpg


山鯨って猪の事なんだけど

まったくイノシシ感を感じない美味しいカレーでした。



付け合せの野菜が全部酢漬けなので

どちらかと言うと女性客がターゲットな気がするよ。



ランチメニューはシンプルでしたが

デザートの方は数種類から選べます。

52.jpg


トロトロサツマイモとリンゴのタルト

(たしかそんな名前だったような・・・)



食後に出てくる珈琲も美味しく頂いて

午後のツーリングの開始だよ。

16.JPG



k17を日本海に向けて走りま~す。


17.JPG


白杭峠を下ったところから

西石見グリーンライン(広域農道)へ


18.JPG


ずっとこんな道を走り続けて

白上町でしばらく存在を忘れていた信号機のある交差点から

色の付いてない道で海までショートカット。



さらに国道191号線も横切るとJR山陰本線に当たります。

19.JPG


長閑な1両編成が通るよ~~!


20.JPG



可愛い列車が通り過ぎ

遮断機が開いて踏切を渡ると・・・





海だぁーーー!

53.JPG


山で遊べば海でも遊ぶという

バランス重視の響流プランニングなのでございますよ。


54.JPG


この山陰の海に何があるのかと言いますと

この神社です ↓


55.jpg


大潮の満潮時は渡れない

山陰のモンサンミッシェルと言われてるらしい

衣毘須神社だよ。

(衣毘須=えびす)



因みに渡れない時はこんな感じらしい ↓

もんさんみっしぇる.jpg
(島根県西部公式観光サイトより)

どうみてもモンサンミッシェルには見えね~よ。



そんな突っ込みはさておき

今まで紅葉まっただ中の山の中に居たので

海の風景が新鮮でたまりません。

57.JPG


ドンジョ様の妖力のおかげで

雲が多いけど青い海と赤茶けた岩のコントラストが

美しいとです。



衣毘須神社の本殿へ行くと

なんとも素朴な本殿がわたしたちを待ってくれていました。

58.JPG


さっそく参拝するのだけど

お賽銭はここから ↓

59.JPG


ドアの隙間から入れる仕組みだよ。



お賽銭が錆びるのを防止できるし

防犯にも良いね。




この衣毘須神社が建つ小さな岩場には

海辺の植物がいっぱい。


62.JPG


可愛い多肉の草に混じって

ダルマギクも咲いてたので

まだ今年はダルマギクを見てないもちっこさんは

意地でもダルマギクを撮りたいらしい。


61.JPG


この後、どんどん高いところまで上がって

降りれなくなるという高崎山の子ザルみたいな事になるのだけど

そのへっぴり腰シーンは可愛そうなので公開はしないでおくよ。


63.JPG


それにしても綺麗な砂浜だね。




夏は海水浴が出来る砂浜らしいけど

日本海側特有のお隣の国からのゴミもないし

とっても美しいです。。




なので走ってみたくなったりもします。


64.JPG


河童なので水を見るとテンションが上がるのだ。




こちらは

打ち寄せる波に魅せられる座敷童 ↓

65.JPG


それぞれ勝手に

衣毘須神社を堪能する妖怪2匹なのでした。


66.JPG



んじゃ、そろそろ先へ行くので

妖怪しゅ~~ご~~!



56.JPG


ドンジョ様パワーで次々とやってくる曇りを

避けて晴れた瞬間に集合を撮って先へ行きます。



いや、先じゃなくて

帰る方向へ走ります。


21.JPG


R191で一気に萩まで戻ろうと思ったけど

もう一ヶ所だけ所寄りたい場所があったので

須佐からホルンフェルス断層のある半島の先へ


22.JPG


はじめて半島の先っちょまで行ったけど

道はずっとこんな感じで細いです。



そして行き止まりまで行ったんけど

灯台の場所が判りません。



そう、高山岬灯台を目指して来たんだけど

灯台までの入り口がわかんね~よ。



もうあきらめて次回にまた

探しに来ようかな?と思ったけど

どうした事かわたしよりもちっこさんが灯台スイッチが

入ってしまったらしく自分でスマホで情報を集めだしたよ(笑)




その努力のおかげでなんとか入り口らしい道を発見。


23.JPG


看板も朽ちてしまって何も表示が無いけど

たぶんこの道・・・


67.JPG


もちろんバイクは手前に停めて徒歩だよ。



「これ本当に灯台まで行けんのぉ?」

「なんかさぁ、灯台がありそうな臭いがぜんぜんしないんですケロ~」



とネガスイッチが入りかけた頃・・・



森の向こうから釣り人がやって来たので灯台の存在を

確認すると間違いなくあるらしく

そこから足取りがめっちゃ軽くなる2人。




そしてほどなく目的の灯台に無事到着。


70.JPG


「高山岬灯台」



トイレのタイルスタイルですが

頭部が古い灯台のデザインのとっても可愛い灯台です。

69.JPG


残念ながら灯台を取り囲むようにフェンスが張られちゃってるので

フェンス越しのご対面です。


71.JPG


周りは草ボウボウだし

けっこう暗い森の道だったので一人だと

心細くて来れなかったかも。




では再び森の道を引き返します。

72.JPG

↑ 探検っぽかろう?


無事に銀ガメ号まで戻って岬の道を

引き返す途中から高山岬灯台を。


73.JPG


来る時は見過ごしてしまったけど

行にこれを見つけてれば迷う事無く灯台まで行けてたかも。




さらに岬の道を戻る途中の断崖絶壁


24.JPG


夏みかん色のガードレールから見える風景は

日本海独り占めって感じ。

(二人占めだケロ)


74.JPG


はじめて通ったけど

下に見えるのはホルンフェルス断層の岩場じゃないか?


75.JPG


遠くてしましま模様が見えないけど

上から見れるところがあったなんて知らなかっぱよ。




無事に灯台ミッションもこなしたので

後はR191を萩に向かって快走。


25.JPG


コバルトラインを走って

「萩しーまーと」に入りま~す。


26.JPG


ここでちょっと遅い

なつミカンソフトで「1日1ソフト」


27.JPG


津和野の散策からずっとインナーも脱いで過ごすくらいの

陽気だったのでサッパリした夏みかんが美味しいです。



でもここからはまた山間部に入るし

もう夕方なので朝と同じ防寒スタイルにして帰りましょう。

28.JPG


R262からk32を経由して

小郡萩道路(無料区間)で中国道に入り

何時もの壇ノ浦SAへ。



77.JPG


この壇ノ浦PAに入る手前の小月ICくらいで

日没でした。



朝の高速の通行止のロスタイムさえ無かったら

計算通りに家に着いた頃真っ暗になるところだったのに。



とりあえず萩から一気に走って

来たのでトイレに駆け込みましょう。



スッキリしたらここでもちっこさんと解散!



先のインターまでエスコートして

「お~つかれチ~ン!」



ガレージに着いた銀ガメ号は

海沿いだったので虫の攻撃も少なく

軽く拭きふきして本日のツーリングはおしまい。



暗い時間から暗くなるまでお付き合いくださり

ありがとうございます。

まだ隙あらばラストランまで走りますので

またのご乗車をお待ち申し上げます。




※もちっこさんのレポはココ



◇◆◇◆ Minorist Hibiki ◆◇◆◇




にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ BMW(バイク)へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ
にほんブログ村
nice!(159)  コメント(46)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 159

コメント 46

green_blue_sky

見事な紅葉ですね。
風景はきれいですが、寒くなりすぎです(^_^;)
by green_blue_sky (2016-12-02 07:07) 

さる1号

永明寺の紅葉、見事ですねぇ
まさに最高のタイミング、空気まで色付く感じは良く解ります
楽山荘の二階から見る紅葉もステキだなぁ
鉄道会社のCMにも使えそう^^

by さる1号 (2016-12-02 07:25) 

ガイチ

紅葉が綺麗ですね!
これなら朝から高速の価値ありですね。
今年は、まだ満足な紅葉見てません(T_T)
by ガイチ (2016-12-02 08:10) 

luces

モンサンミッシェルだなーと思ったら
モンサンミッシェルと説明されていたので、ちょっと笑いました。
by luces (2016-12-02 08:26) 

くまら

見事な紅葉ですね
でも、掃除も大変だろうなぁ~

賽銭を戸の隙間から入れれるように
ちゃんと作ってあるんですね
でも、自販機みたい
by くまら (2016-12-02 10:41) 

まつき

お寺の紅葉も庭園の紅葉も、むちゃんこ綺麗ですね~!
カレーも美味しそうだし、モンサンミッシェルな神社も素敵!
今回も充実の1日でしたね(^^)v
by まつき (2016-12-02 11:19) 

johncomeback

確かに、金田一耕助がやって来そうなお屋敷ですな。

津和野は列車で通過した事があります。
車窓から赤い鳥居の列が見えました。
by johncomeback (2016-12-02 11:30) 

もちっこ

九州の紅葉狩りツーはよく行くけど、
今回本州(島根)の紅葉を愛でることが出来てほんと嬉しかったよ♪
走ってる時の秋色の風景も九州とは違って感動ものだった~
小月ICまでの下道で見た朝日も格別に綺麗だったし、
深い霧に覆われた巨木も、干潮時にしか渡れない神秘的な神社も、
迷いに迷った灯台も、それぞれの紅葉スポットも、
どれもこれもが初めて見るもので、すっごく充実したツーリングだった♪
連れてってくれてありがとうね(^-^)感謝!
by もちっこ (2016-12-02 11:58) 

raomelon

永明寺の紅葉、錦絵のようですね
楽山荘の障子戸越しの紅葉も素敵!絵になりますね
美しい紅葉にため息しか出ません^^
by raomelon (2016-12-02 14:32) 

ヒロキチ

夜が明けてから暮れるまでよく遊びましたね。
さすが紅葉も終わりと思っていたら、真っ赤や真っ黄色
お寺とのコラボが絵になるわ
もう、お腹いっぱいだ~♪
by ヒロキチ (2016-12-02 16:19) 

そら

お賽銭の入れ方が面白い!
500円くらい入れると神様が出てきてくれるのかな(笑)
萩まで行って通過するところが響さんらしい(爆)
by そら (2016-12-02 17:34) 

ちぃ

わぁっ、素晴らしい紅葉ですね!(^^)!
by ちぃ (2016-12-02 18:36) 

MINERVA

紅葉がとっても素晴らしいです。
今年は綺麗な紅葉を観ていないので、色々な方のブログで紅葉を楽しんでおります。
「堀庭園」、袴姿の探偵に噴出してしまいました。
モンサンミッシェルに....見えなくも無いですね~。
by MINERVA (2016-12-02 18:55) 

yakko

こんばんは。
感動の紅葉ですね〜こんなに美しい紅葉は初めて見ました(。)カンド-
沢田の大杉にも(@_@;) いろいろと充実の一日でしたね !!
by yakko (2016-12-02 19:02) 

えあべんち

きれいな紅葉に、見とれてしまいます。
自然の紅葉もいいですが、お寺やお屋敷の紅葉もかなりいいですよね。
いつか行ってみたいものです。
by えあべんち (2016-12-02 20:42) 

もっち

津和野もいいですね~行って見たいです。
大山SKIの時通るのですが真夜中なんですよね~
萩は、若い頃(19歳)バイクで訪れた事があるのですが
歳を重ねた今行くとどんな風に見えるかな?なんて思いがあります。

しかーし また人妻と二人きりで・・・


いいな。。。
by もっち (2016-12-02 21:36) 

ニッキー

紅葉も海も本当に美しすぎますねぇ( ^ω^ )
永明寺や堀庭園の見事な紅葉は目に焼き付いちゃいました♪( ´▽`)

by ニッキー (2016-12-02 21:56) 

ゆきち

永明寺の紅葉、いや~美しすぎてクラクラしました!
本当にベストタイミングの訪問(^◇^)
窓の外の燃え上がる紅葉もお腹の底から感動です♪
こんな風景に包まれたら、テンション上がりすぎて好きじゃない人にでも「好き!」と抱き着いてしまいそうです^^;

by ゆきち (2016-12-02 22:06) 

mamii

見事な紅葉ですね、暫く眺めていました。
by mamii (2016-12-02 22:36) 

ぱんだ

燃えるような赤とはこの事ですね!
日本人に生まれてよかった~と
思う瞬間でしょうか。
by ぱんだ (2016-12-02 23:07) 

唐津っ子

息子の誕生日へのお祝いコメント、
ありがとうございました(嬉)

響さんのツーリング旅記事を読むたびに、
私もバイクの免許に挑戦しようかなって思います。
(年齢がもう10歳若ければ絶対チャレンジするけど…)
by 唐津っ子 (2016-12-03 00:20) 

くまぱんだ

はじめまして(*^^*)まだ数回の訪問ですが…
楽しそうなツーリングで思わずコメントさせて頂きました(笑)
楽山荘の2階からの眺め…素晴らしいです~!
見事な紅葉三昧ありがとうございます♪
by くまぱんだ (2016-12-03 00:50) 

沈丁花

贅沢な旅ですね〜〜〜目の覚める様な紅葉・・・美味しいお食事〜〜〜どれを拝見しても「うわあ〜!」素敵です!!!
素晴らしいです。良かったですね〜お天気も良くて。。。
by 沈丁花 (2016-12-03 06:00) 

わたべ

赤が多い紅葉は素晴らしいですね。ていうか、カメラの違いもあるのかな。それとも、腕の違いかな。
なんにしろ、朝早くから暗くなるまで走る気力がないと撮れない写真ですね。
by わたべ (2016-12-03 07:26) 

OJJ

堀庭園の紅葉素晴らしいですね~赤さが何とも言えない迫力で・・
もちっこさんと大杉の比率で悩んでいます。大杉の方が太くて,もちっこさんの方が高い?
by OJJ (2016-12-03 08:44) 

conta

ちょうど紅葉もピークで最高でしたね、あの巨木はすごい・・・・・まさに巨木そのものです。
by conta (2016-12-03 09:59) 

きみえキミエ

素晴らしく綺麗!こんな綺麗なタイミングで撮れるなんて、いいなあ〜!
堀庭園がこんなにも美しいなんて知らなかったです。出かける前の下調べと寄り道は必須ですね。
by きみえキミエ (2016-12-03 14:31) 

まつみママ

今晩は~^
紅葉処 前回同様すっかり堪能し 拝見致しました
見事な景観で 適切な言葉も 見つかりません
こんな風に 毎年見事な景観 眺める事が出来るなんて
羨ましいですね 最もバイク走行だからこそでしょうね
12月突入で そろそろ色々と忙しくなって来ましたね
とは言え バイク走行は 別でしょうけど・・
風邪等に充分気を付けて 走り続けて下さい
最も⇈ 元気なので風邪の方が逃げてしまうかも~ねッ笑)


by まつみママ (2016-12-03 18:10) 

ぜふ

津和野は紅葉の見どころでもあるのですね!
楽山荘の部屋と眺めがまたいいですねー、一日いてもいいです^^

ところでこの時期に、夏みかんソフトとは意表を突かれました。
by ぜふ (2016-12-03 18:26) 

せつこ

こんばんは~~
ご無沙汰しました。
見事な紅葉に圧巻です。
額に入れて観賞したいほど素晴らしい紅葉を楽しませていただきました。
by せつこ (2016-12-03 21:18) 

tai-yama

大きすぎと言いたくなるぐらい大きな杉ですね。
霧の中に存在しているというのがなんか神秘的ですね。
囲いとか無いのも魅力的だったり。
by tai-yama (2016-12-04 00:34) 

cooper

素晴らしい画像の数々、心地よい満腹感でいっぱいです。(*^-^*)/~
by cooper (2016-12-04 09:55) 

an-kazu

鮮やかな紅葉・・・いくらでもOKです!
 モンサンミッシェルは、大きく出ましたねぇ(^^);


by an-kazu (2016-12-04 14:24) 

よっすぃ〜と

紅葉の「赤」は、なぜか心落ち着きます。
“秋”が一番好きかもな~
by よっすぃ〜と (2016-12-04 21:44) 

かも

楓よりダケカンバが多い紅葉景色のほうがなじみ深いので,西日本の紅鮮やかな紅葉にはうっとりしてしまいます。
by かも (2016-12-04 21:51) 

kuwachan

津和野の森鴎外のお墓のあるお寺に行ったことがありますが
こんなに紅葉が見事だとは思わなかったです^^;ホント、見事、燃えるようですね。
これだけ紅葉が見事だということは新緑の季節もいいでしょうね。
どちらかの季節にもう一度訪ねたいです^^

by kuwachan (2016-12-05 12:40) 

あおたけ

真っ赤な紅葉もお見事だし、
真っ赤な山陰本線のキハもステキです♪

by あおたけ (2016-12-05 15:48) 

おやまのtanchan

紅葉なんて美しいんだ!すげぇ!
いの君のカレー食べてみたいけど、ホントにけもののあじしないんですか?

もちっこさんが崖から降りられなくなったのも見たかった(笑)
by おやまのtanchan (2016-12-06 20:36) 

miyomiyo

大杉さんの枝のウネリがヤヴァイです。
耳を耳に当てたら生命の鼓動が聞こえて来そーです。
モンさんも見事です。
大潮の時が大丈夫なんか心配しちゃう程です。

by miyomiyo (2016-12-08 20:09) 

響

◆green_blue_skyさんへ
朝は寒かったですが昼からはポカポカでよかったです。
しかし12月に入るとしっかり冬らしい寒さになりましたね。


◆さる1号さんへ
山陰の山の中の紅葉も悪くないでしょう?
島根県と言うとマイナーなイメージですが
なかなかステキなところが多いのです。


◆ガイチさんへ
島根県ですが広島より近く感じるのが良いですね。
紅葉も一番良い時期に行けてよかっぱです。


◆lucesさんへ
モンサンミッシェルだなんて
ちょっとハードルを上げ過ぎですよね。
まぁ、岩山の上に宗教的な建物があったりと共通してますケロ。


◆くまらさんへ
紅葉シーズンが終わったら落ち葉の掃除はたしかに
大変でしょうね。
蔵から近代的な巨大掃除機とかが出たりして。


◆まつきさんへ
やっぱり庭園に植えられてる楓は手入れが良いのか
色づきがすごく良いですね。
窓一面が赤くなるほど樹が大きくなるのも想定して植えたのかな。

by (2016-12-09 02:49) 

響

◆johncomebackさんへ
相続に関連する事件が起きちゃいそうでしょう?(笑)
津和野を走るSLに乗りたいです。


◆もちっこさんへ
津和野は久しぶりに行ったけど全部「初」な場所で
楽しかったね。
もちっこさんは花運も紅葉運も持ってるので助かるわぁ。
でもやっぱり雲が多かったな。
灯台探険は半分諦めててたけど行けてよかっぱよかっぱ。
感謝だよ。


◆raomelonさんへ
山奥にある豪邸でしたが
庭園も見事でした。
これが街の近くにあると人がいっぱい来てしまって
入場制限とかになっちゃいそうです。


◆ヒロキチさんへ
朝の高速の通行止さえ無ければ明るい時間に帰れたよ。
紅葉も1日でこれだけ見たらもうお腹一杯。
なので後日に綺麗な紅葉を見ても写真すら撮ってません。


◆そらさんへ
このお賽銭の入れ方は初めてでした。
おつりのレバーも探したらあるかも(笑)
500円はなかなか入れるのに勇気がいります。


◆ちぃさんへ
地元じゃないので紅葉のベストな日がわからなかったけど
当たりの日にいけたみたい。

by (2016-12-09 02:49) 

響

◆MINERVAさんへ
紅葉ははずれの年もありますが今年は何処も
綺麗に色づいてくれたみたいですね。
綺麗な日に行けて良かったです。
モンサンミッシェルはちょっと言いすぎでしょう。


◆yakkoさんへ
yakkoさんのところも温暖な場所なので紅葉のタイミングが
難しそうですね。
わたしの近所もダラダラと色づくので思い切って島根県まで
行っちゃいました。


◆えあべんちさんへ
やっぱり寒暖の差大きい山間の紅葉は
一味違いますね。
自然の紅葉も良いけど手入れの行き届いた紅葉は
また格別です。


◆もっちさんへ
わたしもスノボにはまってる時は高速代を浮かすため
R9を夜中に走ってましたよ。
大山まで行かず芸北エリアでしたケロ。
萩は途中まで高速の無料区間が出来たのでとっても近くなったよ。


◆ニッキーさんへ
全国的には名も知れてない場所ばかりでしたが
綺麗な紅葉が見れてよかったです。
マイナーな分だけ人が少ないのがまた良いのです。
島根県を地図でスグに指差せる人って少ないらしいですもんね(笑)

by (2016-12-09 02:49) 

響

◆ゆきちさんへ
紅葉はヒラヒラと落葉するタイミングが
一番綺麗ですよね。
テンションあがりすぎて知らない人に抱きついかないように
気をつけます。


◆mamiiさんへ
もうコレだけ紅葉を見たら今年はお腹一杯です。
九州なので街中は今でも紅葉してますが
スルーしています。


◆ぱんださんへ
四季のある日本って良いですよね。
ツーリングにはあまり向かない季節ですが
綺麗な風景が見れて良かったです。


◆唐津っ子さんへ
わたしのバイクの仲間にはまだまだ凄い先輩がいますので
大丈夫ですよ。
排気量が50から千ccを越えるほど幅があるのは色んな人が乗れるためだと
思います。


◆くまぱんださんへ
コメントありがとうございます。
あまり知られていない島根県でしたが良い所がありました。
九州から島根県って言うとめっちゃ遠い気がしましが
信号が無いので普通に走ってるだけで着いちゃいます。

by (2016-12-09 02:50) 

響

◆沈丁花さんへ
紅葉って曇ってると日光の反射がなくて赤が鮮やかに
出たりするのですが
ちょうど良いタイミングで雲って暮れたり晴れてくれたりした1日でした。


◆わたべさんへ
曇ってたので曇りのモードで撮ると赤がより赤くなって
綺麗でした。
早朝から出ましたが12月に入ると寒さが段違いになるので
もう暗い時間からはムリです。


◆OJJさんへ
もちっこさんの比率?
国際規格の事ですか?
1もちっこは150cm換算です(笑)


◆contaさんへ
杉の巨木って生命感がはんぱないですよね。
いつも材木になる杉しか見ないので
枝がブニョグニョしてる樹を見ると別物に見えちゃいます。


◆きみえキミエさんへ
わたしも紅葉じゃないときに堀庭園の前を通りましたが
普通の豪邸程度にしか思ってなかったです。
紅葉シーズンは超おすすめです。


◆まつみママさんへ
今年の紅葉は当たりの年でした。
その中でも良い日にいけたらしく日ごろの行いが良いからかな?
12月に入ると寒くてもう暗い時間から出るなんて無理です。
後何回走れるかな?

by (2016-12-09 02:50) 

響

◆ぜふさんへ
津和野は城下町の風情があってとても良いところなのですが
紅葉シーズンに紅葉を目指して来たのは初めてでした。
萩の名物は夏みかんなので1年中ありますが
もうこれから寒くなるのでソフとは封印かな。


◆せつこさんへ
今年は綺麗な紅葉があちこちで見れてよかったです。
マイナーな県に行ったので人も少なくて
堪能できました。


◆tai-yamaさんへ
杉も枝うちをしないとこんな姿になるようです。
何時も見てる杉と一緒とは思えないですね。
囲いがないのはそれだけ誰も来ないって事かも(笑)


◆cooperさんへ
満腹になりますよね。
後半を海ルートにしてて良かったです。


◆an-kazuさんへ
干潮時に渡れて宗教の建物があるのは一緒ですが
満潮時の荒波がとてもモンサンミッシェルを想像できないです。


◆よっすぃ~とさんへ
紅葉がダメダメな年は赤じゃなくていきなり茶色になるのですが
今年は良い年だったようですね。
その中でもベストな日にいけたようです。

by (2016-12-09 02:50) 

響

◆かもさんへ
自生してる樹が違いますもんね。
信州などに行って白樺を見て喜びますが
まだダケカンバとの見分けはよくわかりません。


◆kuwachanさんへ
おぉ!津和野観光でもあまりこのお寺に来る人は少ないですよ。
みんな太鼓稲成神社の方へ行っちゃいます。
これだけ紅葉するので新緑も綺麗かもしれませんね。
個人的にはキミドリ色の山を見るほうが好きです。


◆あおたけさんへ
山陰本線で列車と遭遇すること事態運が良いのかも。
この渋い色がステキですよね。


◆おやまのtanchanさんへ
猪はミンチになってるてスパイスの効いたカレーなので
普通のキーマカレーに近い味でしたよ。
人間って登るのは得意でも降りるのはダメですよね。


◆mimyomiyoさんへ
製材になる杉と違って本来はこんな姿になるようです。
満潮時の写真が凄いよね?
さすが荒れる日本海って感じです。

by (2016-12-09 02:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0